JavaScriptを有効にすると、ここにメニューを表示します。
FM Towns エミュレータ「津軽」プロジェクト

ysflight.com

FM Townsエミュレータ作ってます。多分、CPUコアとか音源コアとか出回ってるものを使えばもっと楽なのかと思いますが、それだと自分の経験値にならないので、いばらの道を覚悟でCPUコアから作り始めました。

FM Townsエミュレータとしては、Kasanovaさん作のUNZが非常に再現性が高く、最近はMAMEの再現性も上がってきたと聞きます。が、これは自分の考えですが、こういうソフトは同じような機能を持ったものが3種類ぐらいあるのが良いと思ってます。例えば、ある機能を持ったプログラムが一種類しか無いとして、あるとき突然そのプログラムが使えなくなってしまったら、手も足も出ません。とくに、最近OSを開発する企業が無責任かつ不必要かつ頻繁に後方互換性を切り捨てる悪習が蔓延しているので、使ってるプログラムがある日突然使えなくなる危険はコンピュータ史上ありえないレベルで高くなっています。

また、FM Townsのソフトを実行するだけであれば、SCSI接続のCD-ROMドライブをエミュレートする意味はまったくないですが、僕は実機を稼働状態に維持するためのドライバ YSSCSICD.SYS の開発と必要に応じたパッチ開発のためにエミュレータを使いたいという個人的な需要があるので、SCSI接続のCD-ROMドライブのサポートも予定しています。

ソースコードは既にGithub上に公開しています。

https://github.com/captainys/TOWNSEMU

実行ファイルもGithubで公開したいんだけど、どうやればいいのかな?現在模索中。なお、現状コマンドユーザーインターフェースです(^_^;)

一応、1月中旬(2020年)に開発を開始して、約4か月でAfterburner IIがプレイできるレベルになりました。

動作確認

ソフトウェアタイトル 開発 確認日 確認内容
Towns OS V1.1 L10 富士通 (Unit Test) 起動、基本的な操作、デモプログラム
Towns OS V1.1 L30 富士通 (Unit Test) 起動、基本的な操作
Towns OS V2.1 L10 富士通 2020/05/23 起動、ただし -PRETEND386DX オプションが必要 (フリコレ4 DiscBで確認)
Towns OS V2.1 L10B 富士通 2020/05/23 起動、基本的な操作
Towns OS V2.1 L20 富士通 (Unit Test) 起動、基本的な操作
Towns OS V2.1 L31 富士通 2020/05/23 起動、基本的な操作
Towns OS V2.1 L50 富士通 2020/05/23 起動、基本的な操作 (フリコレ11で確認)
F-BASIC 386 V2.1 L10 富士通 2020/05/23 起動、簡単なプログラムの動作
MS-DOS V3.1 富士通 (Unit Test) 起動、基本的な操作
Afterburner II SEGA/CRI 2020/05/23 ステージ8入るところまで確認
Turbo Out Run SEGA/CRI 2020/05/23 二つ目のチェックポイント通過後ぐらいまで確認
Galaxy Force II SEGA/CRI 2020/05/23 ステージ3(?)ぐらいまで確認
Wing Commander 1 Origin 2020/05/25 デモ画面~セーブ~ミッション開始~敵機1機撃墜

今思えば当時志願してThe CockpitのFM Towns用移植をさせてもらえばよかった。当時そういう発想は無かった。ポリゴンエンジン自作したんだから頑張ればTop Landingぐらい移植できたかもしれん。

Comments are welcome.  Send E-Mail to: 

Back to http://www.ysflight.com