JavaScriptを有効にすると、ここにメニューを表示します。
山川機長のフライトログブック 2019

ysflight.com

JavaScriptを有効にすると、ここに過去ログへのリンクを表示します。

2019/02/02

ナイト・ソロ

久しぶりに単独の夜間飛行に出た。ログブックによると2013年の11月30日以来の夜間単独だったようだ。


雪に覆われるモンロービル空港

本当は我が妻を乗せて飛ぶはずだったのだが、我が妻は風邪でダウン。フライトをキャンセルするかとも思ったのだが、我が妻の風邪はほぼ回復してきたようだったので、とりあえず単独で飛んできた。

自家用操縦士免許を取ったら夜間飛行に出てもいいことになっている。だけど本当にナイトに自信がついたのは計器飛行証明を取得してからだった。夜間飛行はかなり計器飛行に近い。地平線見えないし。だけど、今だったら計器だけに頼って夜でも飛べる自信がある。

せっかくだからクロスカントリーにしようと思って、ビーバー→ラトローブ→アレゲニー→ビーバーと飛ぶことにした。飛行前のブリーフィングによると、飛行経路の北側のウエストモーランドカウンティでガス田が爆発して消火作業中だから近寄るな、とのことだった。とくに大きな炎も見えなかったけど、そんなに広い範囲に飛行制限空域設ける必要あったのかな?


ガス田がこの方向で爆発したらしいんだけどなんも見えん。

ビーバーに着いて、ゆっくり飛行前点検してもうすぐ日が沈むぐらいのタイミングで飛び上がろう、と、思っていたのだが、ついうっかりいつもの癖でさっさと飛行前点検を済ませて飛び上がってしまった。ラトローブについた時点で太陽は傾いてるけどぜんぜん明るくて、アレゲニーに到着するあたりでやっとぼちぼち沈もうかという時間だった。


背後に見えるのはラトローブの滑走路


アレゲニーの手前。まだ明るい。


アレゲニーカウンティ。ぼちぼち滑走路灯がついた。


ダウンタウン


夕闇のカーネギーメロン大学キャンパス


やっと日の入り


東の空はこんな感じだけど

これだとダウンタウンの上空を飛んでもまだぜんぜん夜景では無かくて、ビーバーに帰ってきたら早すぎた。仕方ないのでせっかくだからピッツバーグ・アプローチにベクターを出してもらってアプローチの練習。GPS 28を3回撃った。が、しかし、単独で基本的に視界を遮るフードはかぶらずにやった(単独飛行のときにかぶったら危ない)から、機長として計器飛行に必要な要件としてはカウントしてない。

 
西の空はまだ夕焼けで明るい

3本アプローチを撃ち終わったあたりでやっと暗くなってきた。夜間飛んだら日の入り後一時間経過した後で夜間離陸と夜間着陸を3度やっておくとまたその先90日間乗客を乗せて夜飛べるようになるからそのようにしようと思ったのだが、それにはまだ40分ぐらいあった。仕方ないのでクランベリー上空あたりを周回しながら時間稼ぎ。どんどん暗くなっていい雰囲気になってきた。そうそう。これがやりたかった。





クランベリー上空で時間稼ぎ

いい時間になってきたのでぼちぼちビーバーに向かおうかと、思った。GPSを頼りに空港に向かっていく。が、空港が見つかんない。夜間空港を見つけようと思ったら、白と青が交互に光るビーコン(回転灯)を探す。で、ビーコンは結構明るいから遠くからでも視認できるはずなのだが、ぜんぜん見えない。3機ほどトラフィックパターンにいることは無線でわかっていて、衝突防止灯は見えるのだが、空港のビーコンが見えないし、滑走路灯も見えない!

なぜだ?前回ビーバーからナイト飛んだときは割と簡単に見つかったのに!3機は夜間離着陸の練習をしていたようだから、それぞれが降下していく先の方を探すのだがどうしてもビーコンが見えない。一応、トラフィックパターン高度まで下げて空港を探して、他の機体とぶつからないように気を付けながら接近していって、もう2~3マイルというところでやっと見えた。だめだったらいつでもゴーアラウンドする心の準備だけしてフラップフルダウンにして急降下。まあ、割と最後は普通のランディングになった。やっぱり高度を高く見積もってしまって微妙にフラットな接地になったけど。

ビーバーカウンティ空港はすぐ隣にショッピングセンターがある。回転灯はショッピングセンターの灯りと混じってしまって見えなかったようだ。考えてみると前回本当に暗くなってからビーバーに降りたときは9時過ぎだった。ショッピングセンターの店もぼちぼち閉まって、駐車場に出入りする車の数もほとんど無くなっていた。だけど、今回は降りてきたのは7時頃。ショッピングセンターは仕事帰りに寄る人たちでかなり賑わっていたはず。だから多分明るかったんだろうな。

結論。次からは着陸する最後のときにアプローチの練習しよう。GPSアプローチで進入してれば余裕で滑走路が見つかったはずだ。


2019/1/6

飛び初め

去年は悪天候で飛べない日が続いたけど今年は飛べる日が多くあるといいんだけど。

今回はとくに行先も無かったからひさしぶりにマニューバの練習でもしようかと思ってアーサー湖上空まで行ってみたらSteep Turnを3度やったところで、誰か別の人も同じ空域に入ってきて練習(見た感じPower-On Stallの練習してた)し始めたので、ちょうど雲が切れてきたから隙間から雲の上に上がってみた。

下界は曇ってても雲の上は晴れ。乗ってるのがセスナ172だから滅多に雲の上に出ないから、たまに雲の上に出ると気分がいい。

雲に落ちる自機の影の周りに虹ができる現象。

 

Comments are welcome.  Send E-Mail to: 

Back to http://www.ysflight.com