JavaScriptを有効にすると、ここにメニューを表示します。
山川機長のフライトログブック 2020

ysflight.com

JavaScriptを有効にすると、ここに過去ログへのリンクを表示します。

2020/06/29

コロナ流行中の操縦技量維持

今年はフライングクラブに入ったから飛びまくろうと思っていたら、アメリカ国内でコロナウイルスの流行が激しくなってしまった。そのため、3月から飛行を停止していた。

ペンシルバニア州知事は正しい判断を下して、3月から不要不急以外の外出が禁止された。そのため、ペンシルバニア州は、アメリカで数少ない(全50州のうち立った4州)コロナウイルスの新規確認数が減っている州に入っている。

もっとも、ペンシルバニア州全体では感染者数は減っているとは言っても、自分が住んでるピッツバーグだけは感染者数が数日前から激増している。原因は、無謀にもマスクを着けずに集合している人たち、無責任に2メートルルールを破る人たち、それとマスクをしているのに誇らしげに鼻の穴を露出している人たちによる。コロナウイルスが流行する前は、これほど自分の鼻の穴を誇りに思っている人がいるとはまったく気が付かなかった。救いようが無いと思ったのは、隣の薬局の薬剤師が堂々と鼻の穴を大公開していたことだ。医療に従事する者がマスクの正しい着け方も知らないのか。この先どうなるかはまったく予断を許さない。

今の僕の解釈では、医療システムさえ機能していれば、健康な人であればコロナウイルスをそれほど恐れる必要はない。すべては確率的だから、若くて健康だからといってコロナウイルスが重症化する可能性はゼロでは無い。が、病院が手一杯になっていなければ、健康な人はコロナウイルスから生還する確率は十分高い。しかし、病院が機能不全に陥ってしまったら、診断が遅れ、処置が手遅れになったり、ぜんぜん関係ない疾病から命を落としたりする危険が発生する。

ペンシルバニアのロックダウンは意味があると思ったので、3月からうちに籠って、飛行機の操縦もしていなかった。

しかし、住んでるペンシルバニア州では一応経済活動を再開したこと、クラブの機体は一人も人と会わずに借りて飛んで返せることを考慮して、技量維持に必要なぎりぎりの飛行を今月から再開して二度飛んだ。コロナウイルスのワクチンができるか、あるいは有効な治療法が見つかって恐れる必要がなくなったとき、飛び方をすっかり忘れてしまっていたのでは、困るかと言うと、訓練しなおせばいいだけなんだけど、技量が維持できるなら維持しといた方がいい。多分。

フライングクラブ内で感染が発生してしまうとクラブ自体が停止しなくてはならなくなるので、機体に乗る前と乗った後でアルコールを使って操縦輪、レバー類、ボタン類、シートベルト、ドアレバーなど触りそうな場所を消毒することになっている。意外と盲点だったのが、ドアを閉めるときなど窓枠にも触る。それから、スロットルレバーを調節するとき、レバーの根本に指をかけて調整するから、レバーは根本から拭かなくてはならない。それからチェックリスト。ビニールだから、コロナウイルスは最長4日間感染力を維持するはずなので、写真撮ってきたから自分はそっちを見ることにして、機内に常備のチェックリストは触らないことにした。アルコールは3月ごろはまったく手に入らない状況だったが、最近、徐々に手に入るようになってきた。100%アルコールが買えるから70%に薄めて使うようにしている。

以前利用していたフライトスクールのMoore Aviationではマスクを着用した状態でも十分に無線交信はできるという結論になって、総員マスク着用で訓練を再開した。自分もアパートのドアを出てからドアに入るまで決してマスクをはずさないようにしている。

6月の最初のフライトは、我が妻に安心してもらうために乗ってもらったのだが、考えてみたら、2004年に飛行を再開してから初めて90日以上連続で飛行しない期間を作ってしまった。乗客を乗せるためには過去90日以内に3度のランディングが義務付けられているので、単独で2度タッチ&ゴー+フルストップでいったんハンガーに戻り、ログブックにしっかり3度の着陸を記入してから、今度は我が妻を乗せて飛びあがった。

結局最初30分は消毒にかかり、返す前の消毒も30分かかるであろうことを予想して予約した時間の30分前にはハンガーに戻った。3時間予約していたのに、飛行できたのは1.1時間だった。

二度目は、前回の教訓をもとに4時間予約した。計器飛行の技量維持のために、アプローチの練習をした。けど、アプローチとしてログブックに記入するためには隣にSafety Pilotに乗ってもらう必要があるが、当然、狭い機体に2名のパイロットが並んで座るのは安全とは言えない。間にアクリル板でもあれば別だけど。Safety Pilotがいない場合、有視界の条件ではパイロットには見張りの義務が発生するので視界を遮るわけにはいかない。仕方ないので、視界を遮るフォッグルを着用せずに操縦したので計器飛行時間にはならない。が、手順の確認にはなったし、多分、アプローチの腕も落ちていないようだったので割と安心した。ちなみに、わざわざ視界を遮らなくてもアプローチの難易度はあまり変わらない。これは、マルチエンジンのときの試験官も試験中にボソッと言ってた。

コロナウイルスの影響を考慮して、FAAは計器飛行のカレンシールールを一時的に3か月延長した。このルールが適用される前は6か月だった。元のルールでは、機長として計器飛行をするためには直前の6カレンダー月までに6回のアプローチと1回のホールディングをログすることとなっている。6か月ルールだと、僕は最後に6回のアプローチの練習をしたのが2月だから、8月いっぱいまでは、計器飛行で飛んでいい。今は9か月に延長された、が、ただしこのルールは9月30日までとあるので、9月いっぱいまでは計器飛行で飛んでいい。この間に実計器飛行状態で6回のアプローチとホールディングができればSafety Pilot無しで計器飛行のカレンシーを延長できるのだが。そんな都合のいい天気があるかな。それに、朝起きてちょうどいいと思って予約できたとしてもビーバーまで車で一時間かけて走って30分除菌している間に晴れてきてしまったら意味ないし。


On downwind leg runway 28 Allegheny County airport

2020/01/06

遅ればせながら明けましておめでとうございます!

今年は悪天候の影響でまだ飛べてない。とりあえず今のところ、

総飛行時間 683.7

総着陸回数    1737

夜間着陸回数    146

機長時間    600.7

単独飛行    121.3

機長としてクロスカントリー    210.7

夜間機長時間    38.1

同乗教育    285.2

同乗教育クロスカントリー    30.5

夜間同乗教育    26.3

フードによる計器飛行訓練    108.9

実計器飛行    9.1

計器進入    266回

ホールディング    52回

飛行訓練装置時間    5.3

撃墜した野鳥    2羽 (南無阿弥陀仏)

と、なった。最近フライトスクールが混み混みになってしまって思うように飛行機を借りられなかったので、ビーバーのフライングクラブに入った。割と予約しやすいようなので、今年は割とクロスカントリーにも飛べるのではないか、と、思っている。 

[2019年分へのリンク]

Comments are welcome.  Send E-Mail to: 

Back to http://www.ysflight.com