JavaScriptを有効にすると、ここにメニューを表示します。
山川機長のフライトログブック 2020

ysflight.com

JavaScriptを有効にすると、ここに過去ログへのリンクを表示します。

2021/07/05

独立記念日の花火 (と、ついでにどうしてビーバー空港は夜間見つけにくいのか)

7月4日の独立記念日の花火を空から見る。これを一度やってみたかった。以前はフライトスクールから飛行機を借りていたので、スクールが閉まる祝日は飛行機を借りることができなかった。が、今はビーバーのフライングクラブに入ったから、飛行機の予約さえできれば自分で飛行機を引っ張り出して飛ぶことができるようになった。そういうわけで、ついに7月4日の夜間飛行が実現した。

眼下に広がる景色は、日本語でどの形容詞を使えばいいのかわからないほど美しかった。どっちを見ても花火が上がっている。アメリカ合衆国は完全に通常復帰。コロナ終了のお知らせ。なお、直近のデータでデルタ株にもファイザー・モデルナ・J&Jのワクチンがかなり強力に効くらしいというデータが出ているので、フルにワクチン接種が終わった人はとりあえずデルタ株も怖くないようだ。(たしかNBCニュースでアメリカ国内の全新規感染者の30%程度は既にデルタ株であるにもかかわらず、USA Todayによると直近のコロナ死者数の99%はワクチン未接種。つまり株に関わらずワクチンは死亡率を劇的に下げている。)日本も速くワクチン接種を進めて日常が戻るといいけど。 ダウンタウンの花火は感動的だった。花火が足の下で炸裂するという時点ですでに非日常感大爆発なのだが、飛行機から見るとピッツバーグの川の水面に花火が反射して見える。これは空から見ないと見えなかった。また、ダウンタウン以外でもどっちを向いても花火がありとあらゆる場所から撃ちあがっている。比較的大きな花火が見えていたのは多分Monroeville Mallの花火大会だったのではないかと思う。そのほかにもDormont, Waterworks, Fox Chapel, South Sideの花火大会、そのほか個人的に上げている花火も数多い。なお、アメリカでは結構派手な花火も一般で買うことができる。事故が起こると被害も甚大だけど。セスナは空中で停止できないからぐるぐる回りながら見ることになるが、ダウンタウンの反対側を向いた時も、どっちを向いても花火が見える。

ダウンタウンの花火が終わって、Allegheny County Airportに給油に降りるときも、個人で上げてる花火はまだかなり多く上がっていて、撃墜されるかと思った。対空砲を避けるためにかなり急角度のアプローチをしたので着陸が結構難しかった。が、Allegheny Countyは6500ftの滑走路でセスナの必要な着陸距離の3倍以上あるから余裕があった。難しい夜間着陸もおもしろかった。

そして、給油後ビーバーに戻ってきたわけだが、そういえば、ビーバーは夜間に発見するのがやたら難しい。なんでかと思ったんだけど、原因は、空港の回転灯(Rotating Beacon)にあった。夜間空港を探すときは、回転灯が数秒間隔でチカッ、チカッと点滅するのを探す。真っ暗なところに数秒に一度光が発生することになっている。

とことがビーバーの場合、違った。次の写真赤い矢印がビーバーの回転灯。これは灯りが機の方を向いて明るくなったとき。

そしてこれは暗くなった時。

本来であれば、回転灯が暗くなった時は真っ暗でなくてはならない。ところが、ビーバーの場合、何か明るいものが回転灯のすぐ近くにあるらしく、見かけ上回転灯は完全に暗くならない。何か光ってるものがあって、その明るさが変化する感じ。ということを最近やっとわかったので、夜間も割と遠くからビーバーを発見できるようになった。

2021/01/05

喪中につき新年のご挨拶は差し控えさせていただきますが、今年もよろしくお願いします。

とりあえず今のところ、

総飛行時間 713.4

総着陸回数    1840

夜間着陸回数    154

機長時間    630.4

単独飛行    141.9

機長としてクロスカントリー    214.4

夜間機長時間    39.7

同乗教育    286.4

同乗教育クロスカントリー    30.5

夜間同乗教育    26.3

フードによる計器飛行訓練    111.1

実計器飛行    12.0

計器進入    285回

ホールディング   55回

飛行訓練装置時間    5.3

撃墜した野鳥    2羽 +撃墜不確実1羽 (南無阿弥陀仏)

と、なった。去年はクラブに入ったからいろんなとこに飛んでいこうと思っていたのにコロナの影響でローカルの技量維持にほとんど集中してしまった。今年はいろんなとこに行きたい。

[2019年分へのリンク]

Comments are welcome.  Send E-Mail to: 

Back to http://www.ysflight.com