JavaScriptを有効にすると、ここにメニューを表示します。
YSFLIGHT.COM 2020

ysflight.com

Please enable JavaScript to display links.

YS FLIGHT SIMULATOR Version 20181124

YSFLIGHT.COM内のプログラムはすべてがオープンソースでは無いですが、オープンなものについては、以下のURLからダウンロードできます。

https://github.com/captainys/public

進行中

YSFLIGHT.COM内からダウンロードできるプログラムを実行しようとしたとき、コード署名されていないプログラムである、とする警告が出るかもしれません。コード署名は本来セキュリティを向上する目的で発明されたものですが、今は僕のような個人プログラマーを駆逐する目的に使われています。以前は、コード署名は法外に値段が高いだけでしたが、今はいくらお金を払っても個人には発行されなくなりました。プログラムを自由に公開する権利の明らかな侵害ですが、僕には何もできません。できることと言ったらここに何が起きてるのか書くぐらいです。別に趣味プログラムを公開できなくなったとしても、困りはしないんですが、なんともつまらない世の中です。

2020/01/06

遅ればせながら明けましておめでとうございます。今年もYSFLIGHT.COMをよろしくお願いします。

年末年始は、FM TOWNS動態保存プロジェクトに明け暮れてしまった。僕は痛い中年なのでFM-7とかFM TOWNSの話をする。たまたまヤフオクで落としたFM TOWNS II MXの内蔵CD-ROMドライブが既にほとんど機能しない状態だったことからいろいろ調べたらどうも中古でまだ稼働するFM TOWNSでも内蔵CD-ROMドライブの故障が結構な障害になっているらしいということを知って、なんとか外付けのSCSI CD-ROMで代替する方法を模索してきた結果これ一本で外付けのSCSI CD-ROMドライブを内蔵CD-ROMとして使うドライバの開発に成功したのが11月後半で、その後ドライバも改良、80386のReal Modeでは対応できなかった機能をUnreal Modeなるモードを使って対応して、とりあえず何本か実機で動かしたかったけど動作しなかったゲームにパッチを書くことにも成功した。これからも引き続きテストして動かなかったものに関しては可能だったらパッチを書いて発表しようと思ってる。FM TOWNS動態保存界 (そんな界があるのか!?) にある程度の貢献ができたと思ってる。

YS FLIGHT SIMULATORの開発はどうなっとるんじゃ!と、いうユーザの皆さん、止まっててごめんなさい。一昨年~去年はFM-7とFM77AVの動態保存プロジェクトに時間を使ってしまって、11月からはFM TOWNS動態保存プロジェクトに時間を使ってしまっていたけど、FM TOWNSの当面の動態保存の目途が立ったらまたYSFLIGHT開発に時間を投入できると思うので。あとmacOS Catalinaのハイレゾ対応版アップロードしなきゃと思ったままになっている。一応、手元のコードでは対応できてるはずなんだけど。(手元にmac miniしかないから学生さんのPCでハイレゾ環境で同じライブラリで動いたということなんで多分YSFLIGHTも動く)。しかしAppleは本当にOpenGLを切り捨てるんだろうか。そうなったら代わりのグラフィックスライブラリが見つかるまでYSFLIGHTはmacOS非対応にせざるを得ないな。Vulkanも試したけどありゃゴミだね。Vulkanやってる人に聞きたいんだけど、そんなにパフォーマンスが欲しいならアセンブラで書いたら? 多分OpenGLが書けるプログラマの1%もVulkanに対応できないんじゃないかな。あまりの難しさでプログラミングの授業ではまったく使い物にならないし。ありゃゴミだ。

CPUのコア数がまた増え始めてきたからなんとなくグラフィックスライブラリを書きたくなったりしている。

[2019年分へのリンク]

Comments are welcome.  Send E-Mail to: 

Back to http://www.ysflight.com