JavaScriptを有効にすると、ここにメニューを表示します。
2019

ysflight.com

Please enable JavaScript to display links.

YS FLIGHT SIMULATOR Version 20181124

YSFLIGHT.COM内のプログラムはすべてがオープンソースでは無いですが、オープンなものについては、以下のURLからダウンロードできます。

https://github.com/captainys/public

YSFLIGHT.COM内からダウンロードできるプログラムを実行しようとしたとき、コード署名されていないプログラムである、とする警告が出るかもしれません。コード署名は本来セキュリティを向上する目的で発明されたものですが、今は僕のような個人プログラマーを駆逐する目的に使われています。以前は、コード署名は法外に値段が高いだけでしたが、今はいくらお金を払っても個人には発行されなくなりました。プログラムを自由に公開する権利の明らかな侵害ですが、僕には何もできません。できることと言ったらここに何が起きてるのか書くぐらいです。別に趣味プログラムを公開できなくなったとしても、困りはしないんですが、なんともつまらない世の中です。

 

2019/02/15

エアバス380生産中止なのか。そんなもん作らずにコンコルド近代化改修するべきだったな。コンコルドを無理やり引退させたバチが当たったんじゃ。

渋々LinuxのVMをUbuntu 16にアップデートしようとしたらデスクトップがぶっ壊れた。アイコンもメニューも出なくなりCtrl+Alt+TでTerminalも開かなくなった。コンソールモードに入って設定をいじって直せるほどLinuxは詳しくない。バックアップのUbuntu 14に戻してもいいんだけど、Ubuntu 16にしようと思ったら全消し再インストールするしかなさそうだ。定期的にこの余計な手間が発生するのはなんとかならんもんなんだろうか。

Linuxは相変わらず脆い。いつまで経っても脆い。更新に失敗して簡単に壊れるんだから、そもそもOSを更新してほしくない。セキュリティの更新はしてほしいけど、メジャーバージョンアップはしてほしくないんだよね。誰かOSの新バージョンを楽しみにしてる人がいるんだろうか?僕はそういう人を一人も知らない。OSのメジャーバージョンアップは、ときどき不必要にドライバモデルを変えてまったく問題なく動作しているハードウェアを使えなくするわ、頼みもしないカーネルの更新でソフトウェアを殺すわ、何もいいことが無い。ハードウェアに革新があったならそれもやむを得ないと思うけど、ここ数年なんかあったっけ?基本的に同じハードが速くなってるだけだと思うんだけど。OSのメジャーバージョンアップは僕にしてみりゃただの嫌がらせだ。ユーザに嫌がらせを続けてたらそのうち誰も使わなくなる。

2019/02/06

FM-7/77実機でRS232CからT77形式のテープ版ソフトを読み込んで実行(セーブもできる)ユーティリティ更新。オプションで8バイト先読みバッファを使ってFM-7/77実機にテープ版ソフトを5倍速ぐらいで送り込んで実行できるようになった。まさにテクノロジーの無駄遣い。

2019/01/29

FM-7/77実機でRS232CからT77形式のテープ版ソフトを読み込んで実行(セーブもできる)ユーティリティ公開。

2019/01/24

FM-7/77シリーズ用純正品互換RS232Cカード製作プロジェクト成功

案外あっさり成功。実機FM-7で動作も確認できた。

実は、カードの制作に成功だけでなく、BIOSをオーバーライドしてRS232C経由でテープ版ソフトを起動することにも成功した。BIOSオーバーライドコード、サーバーコードは間もなくYSFLIGHT.COMで公開予定。

 

2019/01/15

YSFLIGHT SIMULATOR 20181124バージョン公開!

お待たせしました!

富士通FM-7/77用RS232C経由ディスクイメージ書き戻しユーティリティ

なお、今日FM77AV40で動作を確認した。

FM77AV/AV20/AV40実機用赤外線ワイヤレスキーボードエミュレータ更新

実機でF-BASICのプログラムをタイプさせてみたら一行入力するたびにWAITを入れないと次の行の行番号を取りこぼすことに気が付いたので、F-BASICプログラム入力用に別のボタン [Auto-Type (BASIC)]を追加してみた。

2019/01/13

YSFLIGHT SIMULATOR 20181124バージョン公開!

実はDownload.comの方には早々に公開されていたようなのだが、Vectorの方にやっと登録された。

YSFLIGHTユーザの皆さまには、実行時に署名されていないプログラム云々という警告メッセージが多分Windows 8になったあたりから、出ていたと思う。表向きの理由は、セキュリティを高めるためということになっている。誰が書いたプログラムなのか、その後誰かの手によって改変されていないか、それが確認できないプログラムは実行させないという趣旨だった。

情報セキュリティは非常に重要な問題で、実行ファイルの出どころをはっきりさせること自体は良いことだ。悪意のあるプログラムを実行したことによって被害を受ける事件は後を絶たない。そのような事件の責任は当然悪意のあるプログラムを書いた本人にあるべきで、僕はそんなやつは一生刑務所に入っていればいいと思う。

だがセキュリティ問題を利用して利己的な目的を達成しようとする者がいたとしたら、もっと軽蔑してもいい。残念ながらコード署名を発行する認証オーソリティは、誰の利益のためにそうしているのかなんとなくわかるけど、セキュリティ問題を利用して個人プログラマーを排除しようとしている。

コード署名はもともと年間500ドルとかいうレベルでとても手が出なかった。しかし、長いことYSFLIGHTを使ってくれているユーザから懸念のメールをいただいた。実際自分としてもできることならコード署名が欲しいと思っていたので、ときどき手の届く値段でコード署名を買うことができないか探していたのだが、今回COMODOという認証オーソリティが年間$179でコード署名を発行してくれることがわかった。そこで申し込んだのだが、返ってきた返事は、コード署名は個人開発者には発行しないということだった。

他の主要な認証オーソリティも調べたのだが、どうやら認証オーソリティは結託して個人開発者へのコード署名を発行しないことにしたらしい。だから、仮に僕が思い切って年間数百ドルを支払ってコード署名を買おうとしても、買うことができない。何故こんなことが許されるのかわからないけど、認証オーソリティはすべて個人プログラマーを意図的に排除しようとしている。

そのようなわけなので、残念ながらYSFLIGHT.COMからダウンロードできるプログラムに署名することができない。そして、僕にはできることが何もない。残念だけど、奴らの思い通りに個人でフリーソフトを書いて発表するようなプログラマーは絶滅するだろう。 できることと言ったら、ここに現状を書いて知ってもらうぐらいしかできない。

2019/1/6

YS FLIGHT SIMULATOR 20181124バージョンがなぜかVectorに登録されない現象発生中。

飛行初め

ビーバーから飛んできた。


FM TOWNS内蔵SCSIコネクタのピン配列

富士通FM TOWNSを動態保存してる人で、SCSIハードディスクあるいはハードディスクエミュレータを内蔵しようとしてる人、ちょっと待った!

内蔵SCSIアダプタケーブルを噛ましているだろうか?FM TOWNS 20F以降の機種では本体内に内蔵SCSIハードディスクを接続するためのコネクタが出ている。まるで標準のSCSIコネクタであるかのような50ピンだ。

しかし、このコネクタにSCSIデバイスを直結してはいけない!直結したら多分煙を吹く。

昔はたくさんあったSCSIケーブルも最近は入手するのも難しい。SCSI2SDみたいなハードディスクエミュレータだとターミネーターパワーで駆動するから電源ケーブルを接続しなくてもいい。だったら内蔵コネクタに直結したくなってくるが、この一見標準SCSIコネクタに見えるコネクタ、実は標準SCSIコネクタのうち使われていないGNDライン8本を詰めて、1ピンから8ピンに電源を出している。標準SCSIコネクタの2,4,6,8ピンはデータピンだから、そこに12ボルトかけたら煙を吹く可能性がある。

(続きを読む)

 

Comments are welcome.  Send E-Mail to: 

Back to http://www.ysflight.com