JavaScriptを有効にすると、ここにメニューを表示します。
YSFLIGHT.COM 2021

ysflight.com

Please enable JavaScript to display links.

YS FLIGHT SIMULATOR Version 20181124

YSFLIGHT.COM内のプログラムはすべてがオープンソースでは無いですが、オープンなものについては、以下のURLからダウンロードできます。

https://github.com/captainys/public

進行中

2021/06/15

アメリカは大きなテストをパスした。5月28日のMemorial Day Weekendの連休中、ほぼ全米がビジネスをほぼフルオープンで再開した。それでもCOVIDワクチンが十分な効果を発揮して、感染を抑えることができるのか? それとも、効果は不十分で再度感染数が増え始めるのか? 潜伏期間は最長二週間とされるので、連休後の二週間はCOVIDワクチンの大きなテストだった。結果、感染者数は引き続き下がり続けている。小さな感染の山すら発生しなかった。なお凶悪とされる変異株も各地で見つかっているらしく、インドを悩ませたデルタ株というやつも既にアメリカの新規感染の6%程度ということだが、それでも感染の再燃が見えないということはワクチンが効いていると考えてもよさそうだ。ピッツバーグとその近郊を含むアレゲニー・カウンティの感染者数はここ数日見てなかったら気が付いたら一日あたり50人を切っていた。大雑把に、無症状の人の取りこぼしなどで、実態はその3倍と仮定すると、一日あたりの感染者数は150人と仮定してみる。実際は、症状の進みが速い人、遅い人がいるけど、大体感染確認から二週間、他人に移す可能性があると考えてみる。すると、毎日150人感染させる能力を持った人が発生して、150人はもう感染させなくなるから、150x14日=2100人程度の人口がCOVIDを他人に感染させる可能性を持っていると見ることができる。ピッツバーグとその周辺の人口が大体100万人。人口の0.2%。この0.2%の人と不幸にして長時間近くに滞在してしまった場合感染する可能性がある。ワクチン接種していない場合は、この可能性が突破されると感染することになるが、ワクチン接種済の場合、さらにそのうちの5%しか感染しないわけだから、ほとんど無い。これはもう安全と考えてもよさそうだ。カーネギーメロンもワクチン接種が済んだ教員・学生はマスク無しでキャンパスに来ても良いという通達が出た。多分これからは毎年変異株にカスタマイズしたワクチンを接種するようになるような気がするが、それで普通の暮らしが戻って来そうだ。何をどう考えてもCOVIDの終わりが見えてきた。

それなのに、日本はどうなってしまったのか?

6月9日のUSA Todayの記事 "J&J COVID-19 vaccine protects against virus variants, study shows" これによると、J&Jのワクチンも既知の変異には十分な効果があるとのこと。PfizerとModernaは既に既知の変異株にも効果ありという結果が出ている。だからどうやら引き続き希望は高い。実際出てくるデータと比べても一貫性がある。これがもしもワクチンが効果があるはずなのに、アメリカ国内での感染数が再燃しているようであれば怪しい。しかし、実際は上に書いた通り、アメリカ国内で感染数の再燃は起きていない。

これに対して、今日見た共同通信の記事「変異株にはワクチン効果大幅減も」。ちなみに、よく読むと趣旨は今後未知の変異が出たときに備えておくべきということなのだが、タイトルだけ見ると、今出回ってる変異株にワクチンの効果が無いかのように解釈できる。意図的に不安を煽るために不適切なタイトルをつけたとしか思えない。趣旨を改竄したと言えるぐらい。

僕は非科学的な陰謀論には懐疑的だ。懐疑的というか、同じニュースでもまったく反対の立場からどう見えるかいつも考えることにしている。だとしても、日本のニュースメディアが次々にCOVIDに関して過剰に悲観的な記事を掲載したり、何の根拠もないワクチンの副作用の可能性について並べている様子を見ると、日本のニュースメディアは異常としか考えられない。ときどき思うけど、僕はもうアメリカに住んで23年になるもんだから普通に日本の記事と英語の記事を両方読む。そうすると、どうも日本のニュースメディアの記事にはなにかの違和感を感じることが多いが、COVIDに関してはそれが顕著なようだ。

ちなみに、アメリカでは12月からワクチン接種が始まって、とりあえず6か月遅れで出てくるような副作用は見つかっていない。知り合いの知り合いに、日本で流れている陰謀論に飲み込まれてしまって、ワクチンを接種すると不妊になる可能性があると思い込んでしまってワクチン接種をためらっている人が一名いる。そりゃあね、そういう副作用がある可能性もゼロでは無いよね。可能性がゼロと証明することは不可能だから。その理屈だと新しい薬や治療法は一切受けられないことになる。というか、一切の薬は飲めないよね。どの薬にもゼロではない確率で未知の副作用がある可能性が残ってる。その人にはせいぜい二度と医者にもかからず薬も飲まず残りの人生を乗り切ってほしい。そりゃあね、なにごとも確率がゼロとは証明できないからね。ワクチンの接種を受けると異世界に転生して魔法が使えるようになって魔物と戦って大活躍してしまう可能性もゼロではない。日本のニュースメディアはなんらかの悪意を持っている。日米のニュースを比べてみて僕はそう思う。奴らが「可能性」と言ったときはこのぐらい注意して聞かなくてはならない。

アメリカのニュースは希望に溢れている。COVIDワクチンは効果がある。元通りの暮らしが戻ってくる。これに対して日本のニュースを見てるとどこにも希望が無いように思えてくる。ここまで悲観的なことを並べられると、何かの陰謀じゃないの?と、思ってしまう。

とりあえずだけど、日本の新聞やニュースメディアは嘘や未確認情報で汚染されまくっているから、奴らが嘘をつけないデータと自分で確認できるデータ以外は信用しないことにするのがいい。僕はSocial Networkが嫌いなんだけど、少なくとも最近はテレビが根拠のない数字を出すとすぐに暴かれるようになったのはひとつの抑止力になってると思う。だから、数字は大体信用できると思う。ただ、悪意を持ったコメンテーターによる解釈は相当気を付けて聞いた方がいい。同じ数字でも悪意を持って解釈することでまったく違う印象を与えることができる。数字をどう解釈するか、その点だけは他人に委ねるべきではない。学校でなぜ数学を勉強するのかって、悪意を持った頭のいい奴に数字でだまされないためだよ。なお英語勉強しておくと海外のニュースが読めるから日本のメディアの異常性を自分の目で理解できるようになるよ。

ちなみに、今日本で一日80万件のワクチン接種というのは結構すごい。アメリカのピーク時で200万件程度だった。人口比を考慮すると日本の80万件はほぼこの数字と同じレベル。アメリカではこのペースに達して間もなくワクチン供給ペースが需要を追い越してしまって、間もなく自分もModernaのワクチンを接種することができた。多分日本でもまもなく希望者の大半にいきわたるんじゃないかな? 何をどう考えてもCOVIDの終わりが見えている。

2021/06/05

ラトローブ航空ショー

先週末はピッツバーグから車で50分ほどの距離にあるラトローブで航空ショーだった。近いので木曜の予行練習から見に行った。なぜかラトローブは本番を悪天候の日を選ぶのが上手いので今回も木曜の練習のとき快晴、本番はどんよりな上に二月下旬の寒さというあり得ない悪天候だった。とはいえ、また航空ショーでブルーエンジェルズが見えるのがこれほど幸せなこととは。(続きを読む)

アメリカは、ほとんどコロナ前の暮らしに戻った。この一年間、食料の買い出しは店舗が大きくて密集を避けることができるCostcoか、オンラインの配達サービスを頼ってきたが、また普通に買い物に行くようになった。ひさしぶりに近くのショッピングモールにも行ってみた。2年前は普通だったことが何もかもが新鮮に思えた。何より希望が持てるのは、これほど規制が緩和されても、感染の再拡大の兆候がまったくない。ファイザー、モデルナ、J&Jのワクチンはよほど効果が高いのだろう。

日本も早くワクチン接種が進んで日常が戻ってくるといいけど。 本来であれば、あと2か月が無理ならせめて1か月早くワクチンの接種を開始するべきだった。本来であれば、もうぼちぼち病院の使用率も下がってきて、余裕をもって対応できるようになっているはずだった。本来であれば、危険もないからオリンピックを中止あるいは再延期する理由もとくにないはずだった。 先進国はまず自分の安全を確保して、他国のサポートを始めなくてはならない。それこそ、オリンピック観戦に来た人にワクチン接種して帰ってもらうぐらいのことをしたって良かった。なにもかもが既に遅いけど。 なお、余裕ぶっこいてるアメリカは既に多くの場所で海外からの観光客も希望すればワクチン打てるようになっている。 日本で深刻だと思うのは、政治の対応が悪かったとばかりの論調だけど、民間も何もしなかった。 民主主義資本主義のシステムでは、優秀な人材は民間に流れるのは正常なことだから、政府の能力が欠如するのはある程度仕方ない。だけど、政治も民間もどっちもだめだったら救いようが無い。

2021/05/28

FitBit Charge 3

最近ソフトウェアの品質がバージョンが上がるごとにどんどん悪くなっていくようで、暗澹たる気分になる。多分、アジャイル開発という間違った手法が広がってしまった弊害だろう。本来は、実在しない理想的な世界では、アジャイル開発では安定したソフトウェアを常にユーザに提供できることになっている。ところが、現実はプログラマーはあとでアップデートすればいいんだから不完全なものをリリースしてしまっても構わないだろうと思う。不完全なものがユーザの手にわたり、二度と修正されることはない。現実の世界のプログラマーの心理を考慮するとアジャイル開発は最悪のコンセプトだと思う。おそらく一部の例外を除いてアジャイル開発などという間違った手法を取り入れたことによって世間に品質の悪いソフトウェアが蔓延することになってしまった。

それはFitBit Charge 3の制御プログラムにも同じことが言えるようだ。去年体調を崩してからFitBit Charge 3を使っている。ところが、一年以上使い続けたらゴムバンドが劣化して切れてしまった。それを交換したのだが、交換してからエクササイズアラート(一時間に一度歩けと言う)が出なくなってしまった。もともとは、去年体調を崩したとき眠っている間の心拍数をモニターするために買ったものだが、今は心臓の問題も無くなったので、エクササイズアラートのためにつけている。それが、アラートが来なくなってしまったから、使う意味がなくなってしまった。

調べた結果、これは教科書的なユーザインターフェース設計の失敗例だった。FitBitはそもそも存在する意味がわからない”Do Not Disturb"というオプションがある。このオプションを使うなら、単にFitBitをはずせばよかろうと思うので、そもそもこのオプションは無い方がいいと思う。しかし、それよりも本質的に失敗なのが、このオプションが二か所にあることだった。FitBitの唯一のボタンを長押しすると"DND"のオン・オフを切り替えるオプションが表示される。このDNDはDo Not Disturbなので、これをオンにしてしまうと何の通知も出なくなる。ところが、このDNDオン・オフ、知らないうちにオンになってしまうことが多い。例えば今日はバンドを交換するためにFitBitを持った時、当然しっかり持とうとすればボタンを押してしまうので、このメニューが表示される。そして、不幸にして画面に触ってしまったら、このDNDがオンになる。ユーザはまったく気づかないうちに何の通知も出ない、しかも屋外では暗すぎて時刻も読めない役に立たないデバイスが完成する。そもそもこのこれほど簡単に意図せず押してしまうようなボタンも設計の失敗と言える。ハードウェアもソフトウェアも不合格だな。僕はあれこれ試しているうちに長押しして出てくる”DND"が”Do Not Disturb"だと気づいたからよかったものの、あと数時間気づかなかったらこのFitBitはゴミ箱行きになるところだった。

さらに悪くしているのは、別の設定の中に「Do Not Disturb」というオプションが存在することだ。この二か所は連動していなくて、両方オフにしないと、通知は出ない。FitBitユーザフォーラムでも同様の問題が発生したら「Do Not Disturb」をオフにするようにという書き込みがあるのだが、「DND」について触れられていないので、結局解決していないユーザがいるようだった。FitBitのプログラマーが基本的なユーザインターフェースの設計についての教育を受けていないのは明らかのようだ。僕よりいい給料もらってんのかな?

なんでここに書いてるかって? なんでかというとユーザフォーラムのWebプログラムも壊れてるから。 同じ問題が解決しなくて困ってるユーザがいるようだったから、ユーザフォーラムに書き込んであげようと思ってログインしたのに「Reply」ボタンがグレーになってて何も書き込めない。なぜ書き込めないのか理由の説明もない。フリーソフトじゃないんだから。給料もらって書いてるプログラマーが書くようなもんじゃない。学生が書いたのかな。

2021/05/22

ピッツバーグでは、次々にワクチン接種済みの人はマスクしなくてもいいところが増えてきて、最近アパートを出るためだけにマスクをするような状況になってきた。

高橋内閣官房参与の件。品のある発言では無いと思うが、本当のことを言ってる人をたたくべきではない。共産党じゃないんだから。

もっと言うと、医療システムをもっと支援できていれば死者数も抑えられた。多分。去年の後半から、既にコロナは病院んで手当を受けられればほとんど死ななくなってきていた。

アメリカから見てると本当にはがゆいのは、日本は政府が全部悪いみたいな雰囲気になってるけど、じゃあ民間は何をやってたの? という点。たしかにせっかく欧米でコロナワクチンができつつあったというのに何も準備してなかった政府はアホだ。だけど、民間も何もしてなかった。

黙って待ってれば政府がなんとかしてくれると思っていたのだろうか? 政府じゃなくたって病院・医療関係者を支援する方法はいくらでもある。現場で直接患者の治療に当たってる人や病院のスタッフも皆かなりのストレスと戦ってるはず。そういう人たちの後方の憂いを少しでも緩和してあげられれば現場の士気はかなり上がると思う。

結局、政府も民間も何もしてない。これは、相当情けない。 情けないどころか、新聞だのニュースは対応を邪魔してる。おもしろおかしく記事を書いてるつもりだろうが、その影響で人が死ぬ。情報は人を殺す力がある。それがわかってないのか、それともその力を使っておもしろがっているのか。

本来であれば、するべきことをきちんとしてれば、日本国内は高齢者や基礎疾患保持者のワクチン接種は速やかに完了し、病院も余裕をもってコロナ対応ができ、とくに危険もないからオリンピックを中止する必要もなく、なにより、まず国内の安全を確保できたら、今度は他の国を支援する側にまわることができたはずだ。

何もできてないんだもんな。

ただ、最近一日あたり30万件のワクチン接種が進んでいるというのはいい話で、これを本当に一日あたり100万件まで伸ばすことができたら、6月末には高齢者には少なくとも一度の接種が完了、患者数はあっても重症・入院数が減り、病院も余裕をもって対応できるという状況が実現するかもしれない。そうなれば、オリンピックを中止する理由も無くなるし、今度は日本は他国を支援できる立場になる。いろいろできることはあると思う。まず、隣の、アメリカに次ぐ友好国の台湾を支援してあげなきゃ。

上にも書いたけど既にコロナは病院で治療さえ受けられればほとんど死なない。もちろん、不幸にして亡くなってしまう人はゼロにならないが、これは交通事故による死者がゼロにならないのと同じでゼロにはできない。後遺症も、おそらく本当に重症なもの以外はなんらかの対策が見えてくると思う、というか、味覚障害とかは治るまでは苦しいと思うけど、辛抱強く待っていれば大半は長くても数か月で回復するようだ。ただ、日本の場合そもそも感染者数がさざ波で屁みたいな数しかいないから、ワクチン接種が進んでも感染者数は減らないかもしれないような気がする。この手の数値ってある一定まで下がると以後下がらなくなるんだよね。ただ、重要なのは病院の余裕を維持することで、それができてれば大丈夫だ。

現場で治療やワクチン接種に当たっている医療関係者、自衛官は、僕はピッツバーグからだと声援ぐらいしか送れないけど、頑張れ!

あ、そうだそうだ。「ワクチンが効かない可能性のある変異株」って書いてる記事を見たらその記者の書くことは以後無視していい。今日も何かで見たんだよな。とりあえず今現在わかってる変異株にはファイザー・モデルナのワクチン効果あるっぽいんで。何が根拠かというと、ワクチン接種が進んだアメリカ・イスラエルで感染の再燃がまったく見えない点。イギリスはアストラのワクチンがメインだと思うけど、イギリスでも再燃は見えてないから、ひょっとするとアストラのワクチンも変異株に対抗できるのかもしれない。この3か国に変異株が入ってないはずがない。アメリカ国内では一通り見つかってるし。アメリカはどんなに頑張っても頑張らなくてもメキシコから勝手に入ってくる人たちがいて、そういう人たちがいい人か悪い人かはまったく関係なくメキシコ国内で流行ってるウイルスは持ってきてしまうんで。そして、メキシコは多分出国・入国はザルだから一通りの変異株は持ってるはず。今からワクチンが効かない新しいのが出てくる可能性はあるが、「〇〇株はワクチンが効かない可能性がある」と書いてる記者は不安をあおってるだけ。嘘は書いてないけどね。なんでも可能性はゼロではないから。ただし、アメリカ・イスラエルでのワクチン実績をあえて書かないことで意図的に読者に不安を与えている。ワクチンを打っても無駄と思わせることで対応を邪魔するつもりだろう。政府が失敗したことにしたいのだろう。自分の目的のためなら人が死んでもかまわない人たちのようだから。モデルナとファイザーのワクチンは本当に奇跡的に効くようだ。信じて接種を受けた方がいい。

2021/05/18

がんばれ自衛隊!

防衛省から朝日・毎日新聞への抗議は当たり前すぎる。ズルをする人がいたらそれでもいいからどんどん接種した方がいい。頭の悪い新聞記者にはそれがわからない。

3月下旬、ペンシルバニア州ではワクチンが既に余り始めていた。が、まだ州は優先接種フェーズIbの途中で、高齢者、基礎疾患保持者のみという状況だった。その基礎疾患の中に、過去の喫煙というのがあって、解釈によっては過去に一本たばこを喫ったことがあるというだけでも該当すると解釈できた。また、肥満というのもあって、これも自己申告すれば良くて、日本の浅はかな新聞記者が聞いたら「ずるい」と思われるような基準だった。

そのとき、二か所まったく別のところから、ワクチンを使い切れなくて困ってる病院があるから、脈が一回飛んだでも、たばこを一本喫ったでもいいから、とにかく接種に来てほしいらしい、という情報が入った。

最初に聞いたときは、さすがに優先接種に割りこむようなのは良くないだろうと思って、また、それほどワクチンが余り始めているなら自分の番もすぐだろうと思って遠慮しておいた。しかし、二か所目から同じ情報が入ったとき、どうやら切実らしいと思ったので、予約して接種を受けることにした。まあ、去年死にそうになったとき横になっても心拍が下がらない、ときどき脈が飛ぶという症状があったから、拡大解釈すれば該当しないこともない。

そして、予約サイトにログインしてみたのだが、自分がフェーズIbに該当するのかしないのか、そんな質問項目は無かった。病院でも年齢も確認されず(一応運転免許のコピーは取っていたが見てなかった)何の疾患があるのか聞かれることもなく、接種を受けてきた。だから、僕はうそをつく必要さえなかった。複数の友達からの連絡で、某病院でワクチンが余って困ってて、ここから予約できるよ→おおそうなのか、たしかに明日予約できる→次の日何も聞かれず一本目接種完了。なお、その十日後ぐらいに、さすがにワクチンが余り過ぎて、次々に各州でフェーズシステムを廃止して、子供以外だれでも接種できるようになった。

ちなみに、この予約サイト、普通のカレンダーは日曜日を左に書くのに月曜日を左に書いていて、一度誤った日に予約を入れてしまった。予約のキャンセルはなぜかEmailでしかできないことになっていて、仕方ないので、もう一度正しい日に予約を入れたうえで、キャンセルのお願いのメールを書いた。そのため、僕は数分間二重予約になっていた。それもシステムは許容してくれた。既に予約があるから二度目の予約はできません、とは言われなかった。

どういうことか。ワクチンを無駄にしないことを優先した。ズルをする人がいたらそれでも接種してしまおうという考え方で、意図的に曖昧さを持たせていた。このワクチン、とくにファイザー製はいったん冷凍庫から出してしまったら接種するか廃棄するかなのだ。ズルいことをする人を無くすことを最優先したら毎日かなりの本数を無駄にすることになる。そうやって無駄を少なくしてきたからこれほど迅速にワクチンの展開ができたのであって、日本でもこれをモデルにすればいい。

そういうわけなので防衛省から朝日・毎日新聞への抗議は当たり前すぎるのだ。ズルをする人がいたらそれでもいいからどんどん接種しようと思ったら予約システムに曖昧さを残すしかない。アメリカの事例を研究していたのであれば、意図的に緩いシステムにした可能性は十分ある。それを指摘されて厳格なシステムにしてしまったら大量摂取の趣旨に反する。多少ズルい人がいてもいいから多く接種した方が結果的に周囲の人も助かるということが頭の悪い新聞記者にはわからない。頭の悪い記者は接種拡大に成功しているアメリカの事例をまったく調べていないということ。勉強しない新聞記者はクズだ。廃業した方がいい。あ、共産主義の新聞だからアメリカが成功すると困るのか。

ちなみに、立憲民主党もなんか言ってたみたいだけど、ズルをさせないためなら人が多く死のうが構わないという考え方が見えている。立憲民主には東日本大震災のときも、自衛隊を投入しないためなら何人死のうが不幸になろうが構わないという考え方を露見させた前科がある。この政党は自分の目的のために平気で人を殺す。枝野はもう少しまともな考え方を持ってるのかと思ったが、最近の言動を聞いてると、おまえもか、って感じだな。

がんばれ自衛隊!やっぱり最後に頼れるのは自衛隊!自衛官の給料を倍増するって公約する候補がいたら投票する!

2021/05/16

NASA Rocket Launch

一週間ほど前から予告があったNASAのBlack Brant XIIロケットの打ち上げ、ピッツバーグからも見えた。アパートの屋上から撮れた。当初の宣伝では、空を横切って飛んでいくような印象だったんだけど、どうやら打ち上げサイトからほとんど真上に打ち上げていたらしく、ピッツバーグから炎が見えたのは一瞬だったけど、僕は操縦してるとき他の機を探す容量で空をスキャンしていたのだが、我が妻の方が先に見つけて、見えている間にシャッターを切ることができた。もう暗くなってたんで、月を使ってあらかじめピントを合わせておいたのも良かった。ピッツバーグの東に雲がかかってなかったらあと数秒は見えたのかもしれない。

2021/05/13

アメリカではCOVIDワクチン接種初期のころ、まだワクチンの供給量が足りなかったころ、冷蔵庫が故障して保管してあったワクチンを急いで使ってしまう必要が出たり、予約のキャンセルで冷蔵庫から出してしまったワクチンを誰かに接種しなくてはならないという状況があった。そういうとき、たまたま通りかかった人に接種したり、雪の中を徒歩で接種して回ったり、病院内で連絡を取り合って希望する人を探して無駄を最小に抑えた病院関係者は英雄とされた。

日本では仮にワクチンが無駄になっても対象者以外に接種するのが悪いことのように報道するのか。ワクチンを無駄にしないことで少なくない人命が助かっているはずなのだが。裏を返すと、この無責任な報道によって結果的にワクチン接種が間に合わなかった人、あるいは、ワクチン接種できなかった人からCOVIDをもらって死亡する人がいる。この無責任報道をした責任者って、未必の故意とか理由つけて殺人罪に問えないもんかね。

日本の報道機関ってものすごい力があるのに責任が無いんだな。政治が悪いということにしておきたいみたいだけど、政治以外もCOVID対応がぜんぜんダメじゃないか。政治が悪いと批判してるニュースメディアの方だって痛烈な罰を受ければいい。 日本のニュースメディアはこうやって自分の信用を破壊してきたしこれからも破壊していくんだろうな。ニュースメディアの言うことは、出てくる数字だけ聞いておけばよくてあとは何も信用しない方がいい。

あ、アメリカでそういう話が全くなかったかというとそんなこともなくて、接種初期のころワクチンに対する不安を解消するために大統領とかセレブとか上院・下院議員とかが公開でワクチンを接種するところを流したりしたんだけど、人によってはその目的が理解されずに、ズルいという批判を受けてた人もいた。あれはある意味かわいそうだった。

2021/05/02

ペンシルバニア州ではCOVIDはかなり落ち着いてきた。この週末は一年以上ぶりに近くのショッピングモールに行き、IKEAで本だななど買ってきた。屋内ではマスクは当分着用だろうけど、マスク+ワクチンで大丈夫なのだと思う。もちろん、ワクチンがぜんぜん効かない変異株などという恐ろしいものが発生する可能性はゼロでは無いけど、イスラエルやイギリスの様子を見ていると、共産党が作った偽ワクチン以外のワクチンはかなりの変異まで対応できているだろうから、すぐにはこれを高い率で回避する変異株は出てこないのではないか。今9割効いているものが8割とか7割しか効かないみたいなものは徐々に出てくるかもしれないけど、9割がいきなりゼロにはならないと思うんだよね。

日本の感染者数を見てると、先進国であの程度の数字で緊急事態になるのが何かがおかしいのだが、もうひとつおかしいと思うのは、最前線でCOVIDに対応している医師・看護師・病院職員の人たちへの感謝の声がまったく聞こえてこないことだ。

ここピッツバーグのUPMCでは渡り廊下に「HEROS WORK HERE」(ヒーローがここで働いています)とでかく書いてある。ニュースのインタビューなどでも、まず最初は「COVIDと戦ってくれてありがとう」だった。営業停止によってお客さんを入れることができなくなったレストランが、どうせ客に出せないならということで病院にただでランチを提供したというニュースがあったり。ちなみに、COVIDで重症になって入院した人が退院していくとき、担当スタッフが拍手で送りだすなんていう光景も見た。患者さんもCOVIDと戦ってるわけで、医師・看護師とのチームワークの勝利っていうことなんだろうけど、士気の高揚には貢献していると思う。

一般人としては、気を付けていれば、たまたまCOVIDに感染した人の近くに一定時間以上滞在してしまったという低い確率でしか感染しないわけだけど、COVID病棟で働く医師・看護師にとっては病原体が濃縮された環境で働いているので、感染・重症化の確率はかなり上がる。実際、初期のころは若い医師でも死亡する例が多かった。もっともこれはニュースの取り上げ方によるから衝撃的なニュースを強調していたという側面もあるのかな。ただでさえ厄介な病気なのに治療にあたる自分も健康被害・死亡のリスクがあるとなったらどれほどのプレッシャーになることか。士気を維持するのはかなり難しいと思う。

日本のニュース番組でも、まず最初に一言「全国でCOVID病棟で戦っている医師・看護師・スタッフの皆さん、ありがとうございます。」の一言ぐらい言えないもんかね。いや、CMが終わるたびに番組内で10回ぐらい言ってもいい。

もしも、知り合いに医師・看護師・病院職員がいたら、ひとこと感謝の気持ちを表明してほしい。何か直接的に支援できることがあればいいんだけど、そうでなければせめて感謝の気持ちを伝えるぐらいはした方がいい。

2021/04/22

アメリカではCOVIDワクチンが余り始めている。考えてみるとアメリカは昔から物量作戦には強い国だった。

なお、ワクチンは変異株にも効果がある。日本のマスコミは、過去何十年にもわたって人々からの信頼を自分の手で粉々に壊してきた通り、変異株にはワクチンが効果が無い可能性を取り上げて不安をあおっている。しかし、数字を見れば効果があるのは一目瞭然と言える。

何を見ればいいかというと、アメリカの介護施設のクラスター発生のニュースを探してみればいい。アメリカでは感染初期から介護施設のクラスターにさんざん悩まされてきた。ところが、介護施設でのワクチン接種を優先して実行してからというもの、そのようなニュースはまったく聞かない。あまり聞かなくなったというレベルではなく、ひとつも聞かなくなった。

アメリカ国内には既に変異株は入ってきている。もしも変異株に対してCOVIDワクチンの効果が無いのであれば、介護施設でのクラスターがふたたび発生し始めるはずだ。それが起こらないということは、少なくとも今発生している変異株に関してはワクチンの効果があるということだ。

それに反対するデータとしては、ワクチン接種が比較的進んでいるブラジル・チリなどで感染が収まらないということだが、現地で使ったワクチンの大半は中国製ワクチンということ。日経新聞の記事によると、中国製ワクチンの効果は54%。ファイザー・モデルナよりもかなり低い。何かの記事で中国製ワクチンは初回接種では2% (20%じゃなく2%)、二度目で60%程度というデータを見たと思うのだが、リンク無くしちゃった。この記事には、初回接種ではほとんど効果が無いと出てるけど、2%という数字は出てないから僕が見たのは違う記事だな。はっきりと結論は出せないけど、ブラジル・チリのデータを見る感じでは、ファイザー・モデルナは変異株にも効果があるが、中国製ワクチンは変異株にほぼ効果が無いのではないかという印象。中国製ワクチンは使うべきではない。

日本は何をしているのか。アメリカから日本を見ていると、とにかく歯がゆい思いと日本にいる家族と友達が早くワクチンを接種してほしいという思いが強い。 日本を見てはがゆく思うのは、ワクチン接種が進まないことだけではない。とにかく論調としては、政府が何もしなかったと言いたそうだが、民間は何をしていたのか。アメリカではトランプ大統領が途中でCOVID対応に飽きてしまって、それから政府はほとんど何もしなかった。どっちかというと対応を妨害していたと言っていい。それでも、民間ががんばって体制を整えて、COVIDを迎え撃った。もちろん、地域によっては病院が溢れる事例もあったが、ここペンシルバニア州では、病院システムは持ちこたえた。ペンシルバニア州の人口は1200万人。ここ数日の一日あたりの新規感染者数は5000人程度。日本に換算すると毎日50000人の新規感染者数が出ていることになる。人口あたり日本の10倍。しかし、政府が何もしなくなってからも、病院はしっかり準備して、地元病院のUPMCからのメッセージはいつも「我々は準備している。COVIDを恐れて必要な診察や治療を受けない方が健康リスクが高い。病院に来てほしい。」だった。ペンシルバニア州では見事にCOVIDを迎撃したのになぜ日本でできないのか? 日本は政府も情けなければ民間も情けない。

去年COVIDワクチンが実用化されたときは、オリンピック開催なんて余裕だろうと思ったのだが、日本がこの様子では難しいのかもしらんね。もっとも、去年はアメリカを嘲笑していたヨーロッパ諸国が今は新たな波で大変なことになっているから、仮に今から日本が突然COVID対策をめちゃくちゃ進めたとしても、ヨーロッパからも選手を日本に送ることができないかもしれない。ただ、気安くオリンピック中止というべきでは無い。オリンピックはよくも悪くも、ただのスポーツイベントでは無くなってしまった。小さな国だと、自身が独立国であるということを世界にアピールする重要な機会という意味もある。1998年、僕がアメリカに来た直後のことだけど、インド人留学生の友達が、こんなことを言っていた。日本が独立国であるということは世界の誰でも知っている。だから、日本が侵略を受ければ国際社会が黙っていない。だけど、インドはまだ独立国と思ってない人が多そうで心配だ。日本ではインドが独立国であることはほとんど誰でも知っている。だけど、まだ世界にはインドを知らない人が多いということだった。共産主義がふたたび世界の支配を企んでいる現状ではオリンピックはきちんと準備して何とか開催してほしかった。あ、今のところまだやるつもりなのか。

アメリカではCOVIDワクチンが本当に余り始めていて、おとといモデルナの2度目の接種を受けてきた。接種したのは11時ごろで、その日の間はなんともなかったが、夜になってからいわゆる「副反応」が出てきた。あらかじめ言われていたようなインフルエンザのような症状がそのまま出て、熱と頭痛と関節痛。症状は翌日一日中続いた。休講にしようかと思ったけど、春学期はCMUは授業数が少ないのでそれでもがんばって授業やったけど、かなりきつかった。ただ、本物のウイルスに感染しているわけではないから、ウイルスが喉や肺を攻撃しない。だから喉の痛みなどは出なかった。接種からほぼ48時間が経過して、今は軽い頭痛が残るだけになっている。

2021/04/06

Free FM TOWNS Projectのページを作った。

2021/03/05

スキー場に行ってきた。スキーはしなかったけど。着陸できなかったんで。(* ちなみに数年前までSeven Springs Airport (7SP)というスキー場隣接の空港があってセスナで乗り付けてスキーして帰ることは可能だったらしい)


最近、MS-DOS V3.1互換DOSを自作している。目的は、FM TOWNSのROMに入っているMSDOS.SYSと交換できるDOSを作ること。他機種だと、ユーザが書いた互換ROMとかがあったり、MSXなんかだとそもそも規格がオープンだったりするから、エミュレータさえあれば合法的に昔のソフトを走らせることができる。FM TOWNSもシステムROMはUNZ作者のKasanovaさんが書いたものがオープンになっているが、問題は、別のエリアにあるROMのMSDOS.SYS、COMMAND.COM、MSCDEX.EXEの3本がマイクロソフトのコピーライトがあるのでこの部分は実機から抜き出さなくてはならなかった。

MSCDEX.EXEに関してはオープンな互換モジュールSHSUCDXというのがあって、これで置き換えることができる。しかし、MSDOS.SYSとCOMMAND.COMはVersion 3.1相当が必要だった (細かいことを言うとVersion 3.1相当に3.3と偽装させないとSHSUCDXが使えないけど)。この二本のプログラムさえ書いてしまえば、自己完結型のFM TOWNSエミュレータが作れる。

無料のDOSとしてFreeDOSというのがあって、これを使えないの?と、いろんな人から聞かれるけど、使えない。作った人がなぜかMSDOS.SYS, IO.SYS, COMMAND.COMを一本のプログラムにしてしまったばっかりに、本当にDOS専用になってて、FM TOWNSみたいなDOSの派生型には使えない。ソフトウェアというのは、化学と似ている。ふたつの化学物質を混ぜてしまったら分離するのは極めて難しい。混ぜてしまったソフトウェアをモジュールごとに分離するのは極めて難しい。僕はこのことを10年ぐらい前に身をもって学習した。あれは大変だった。

マイクロソフトがMS DOS Ver 3.3を公開してくれれば多分僕がしなくてもよくなるんだけど、公開はVer 2.0で止まっている上に、僕の環境ではファイルが足りなくてアセンブルできないんだけど。誰かアセンブルに成功した人いるのかな? 仮に成功したとしても、前時代のさらに前時代的な書き方をしていてGOTO使いまくりでとても読めたものではないからこれを書き換えて対応するのも難しそうだ。ただ、DOS 2.0のソースコードは3.1と似ている部分も多くて、変数とかフラグの意味の特定には結構役に立っている。

今の著作権法が大転換して、ソフトウェアの著作者だけでなくソフトウェアそのものも保護するように変わらない限り、実機を持っていないとエミュレータが合法的に実行できない状況は変わらない。僕は今の著作権法は著作者は保護するけど、著作物を保護しないのが大問題だと思ってる。だから↑のような変更がされるべきだと思っている。アメリカではかなり良い方向に向かっているけど、日本では期待が僕の髪よりも薄い。

FM TOWNSのハードウェアは徐々に劣化して動かなくなっていくわけなので、時間tを無限大にすると仮にエミュレータがあってもFM TOWNSのアプリケーションを合法的に実行できなくなる。これだと100年後ぐらいにコンピュータゲームの歴史を研究する人が困りそうだから、困らないようにしておきたい。

しかし、いきなりゼロから書いても途方もない話なので、工法を考えて、今あるMSDOS.SYSへのパッチとして自作コードを埋め込んで、少しずつ機能を乗っ取ることにした。MSDOS.SYSにしてみると徐々に食われるような感じでなんかホラーなんだけど。既に、初期化(DOSINIT), PUTC(02h), FREAD(3Fh), FWRITE(40h), FCLOSE(3Eh), MALLOC(48h), FREE(49h), MREALLOC(4Ah), GETSYSVARS(52h)は自作コードで置き換えに成功。FOPEN(3Dh)は予想してたことだけど難敵で、まずファイル名をカレント・ドライブ、カレント・ディレクトリを考慮したフルパス名(DOS用語ではFully Qualified Nameと呼ぶらしい)に変換するところを書いて、どうやら動くようになった。この関数だけでも二日がかりなんだもんな。簡単そうに見えて案外面倒なことは多い。よくわからないのが、ディスク入れ替えがあったときの処理で、もう少し逆アセンブルを読まないとわからないようだ。それができるようになったら、ディスクからディレクトリを読み込む処理だけど、この部分は何をすればいいのか明確に定義されているから、キャッシュとかスピードを考えなければ割と簡単だと思う。とりあえず、TOWNS OSが起動できるレベルになったら公開しようと思ってるけど、いつになるかな。

2021/02/01

恵方巻。おもしろいからそういうイベントはあってもいいと思うのだが、今年の恵方は南南東とか言われてもわかりにくいので、今年の恵方は"Heading One Six Zero"とか言ってもらいたい。あと、真方位なのか磁方位なのか。

2021/01/29

Johnson and JohnsonのCOVIDワクチン、一回の接種で66%の有効性って、PfizerとModernaのワクチンも1回の接種で60~70%、二度の接種で95%って言ってなかった?Johnson and Johnsonもテストしてないだけで二度接種したら95%の有効性になったりして。

2021/01/28

あれはCOVIDじゃなかったんだろうか?

実は去年3月ごろ死にそうだった。今までの人生でここまで体調が落ちたことはないというぐらいの不調で、本気で死を覚悟した。結局調子がもとに戻るまでに3か月かかった。しかし、3月というとまだCOVIDについてよくわかっていない時期で、激しい咳も熱もなかったので僕は検査対象にならなかった。だから、今となってはCOVIDだったのかどうかまったくわからない。

症状が始まったのは3月の第一週だったと思う。3月6日だったはず。咳が出るのだが、それが妙な感じの咳だった。一時間に一度ほどゲホッと一発だけ咳が出る。出るときは何のまえぶれもない。一度咳が出るとそれでまた収まってしまう。

3月7日土曜日。土曜日の夜、鼻の奥が腫れてヒリヒリする。ボウリングの試合は出ないことにした。副鼻腔炎のような症状。風邪のひき始めかと思って風邪薬を飲んで寝る。

3月8日日曜日。鼻の奥が完全に炎症で痛い。悪化したので風邪薬を飲みながら一日中寝込む。

3月9日月曜日。朝起きると前日の副鼻腔炎が嘘のように治っている。だるさもほとんど無く、完全回復したかのようだった。カーネギーメロンは春休みのため家でじっとしておく。

3月10日火曜日。火曜日は毎週ジムに行っていたが、COVIDの件もあり、トレーナーにこういう状況だが行ってもいいかと聞いたら、いいと言うので普通にジムに行く。相変わらず容赦のない内容だった。またこのころ日本から出てくるデータを見ても、重症率・死亡率は極めて低いようで、アメリカがここまで対応に失敗するとは思ってなかった。

3月11日水曜日。激しい下痢。食欲が完全になくなる。おなかは減るのだが、一口食べると満腹だと思ってしまってそれ以上食べられない。カーネギーメロンが春休みでよかった。

この日からものすごい勢いで体重が減り始める。どうも、胃が食べたものを消化するペースが異常に遅くなっているような感じがした。一週間で3kg減ったかな? このままではあと23週間で質量が0kgになってしまう! (いや、ならない) 相対性理論って質量が負になることを許容してるんだっけ? (いや、その心配もいらない)

ひとつ助かったのはカーネギー・メロン大学が春休み以後リモート授業に移行したので、大学に行って教壇に立たなくてもよくなった。もしも、この症状がCOVIDでないとしたら、この状況でCOVIDに感染したらおそらくまず死ぬ。

3月16日月曜日。体調はまだ悪い。息苦しいかと言われると息苦しいような、そうでもないような。数回に一度強くフーッと息を吸い込まないと苦しい気がする。そういえば熱は無いのにものすごい寒気もあったな。どうも心臓がおかしい。安静時でも心拍が70より下がらない。それに、鼓動が強い。起きていても極端に心拍が上がることはないのだが、まるでコーヒー飲みすぎた後がずっと続くような感じ。ベッドで横になっても心臓から頭に突き上げるような振動が伝わってきて眠れない。リモート授業開始時、失神するのではないかと思ったが、なんとかやり切った。開始してしまえば、なんとか持続できた。

3月19日木曜日。我が妻の誕生日だった。無理して寿司を買いに行く。予想通りというか、食べたら次の日また胃腸が壊れる。

3月23日月曜日。なんとか失神せずに授業を終える。体重は減り続けて、既に症状発生から5kg落ちていた。ただ、下がり方はややゆるやかになった。夕方、なんとかがんばって食事を二口、三口食べたが、ついに耐えられなくなる。このままだと心臓止まる、と、思ってERに行く。しかし、あらゆる検査で心臓に問題無し。酸素飽和度も98~99%で正常。息苦しいような気がするのは気のせいだったのか?

3月26日木曜日。かかりつけ医の先生が診察してくれて、なんらかのウイルス感染であることは間違いなさそうだけどCOVIDでは無いだろうということで、とにかく自分の回復力を信じてもう少し頑張ってと言われる。

確かに、その後いったん回復する。疲労感が取れない。しかし、心拍が下がらない問題は治ったかに見えた。

4月16日木曜日。心臓症状がぶり返す。横になっても心拍が下がらない。ただ、3月中ほどではない。念のためかかりつけ医の先生にメッセージを送ったが、全体的に治ってきているのであれば心配なかろうとのことで放っておく。

結局すべての症状がなくなり、疲労感も取れたのは6月に入ってからだった。症状が出てから回復までに3か月。

これがCOVIDでなかったとしたら何だったのか。感染源には二人ほど心当たりがあるが、どっちも当時の基準ではCOVIDの検査対象に該当しなかったから検査を受けてない。

つい最近、安静時の心拍が下がらないのもCOVIDの症状のひとつであるような記事を何かで見て、やっぱりそうだったのではないかと思うんだけど。

せっかく体重が減ったからそれを維持しようと思ったんだけど、それは甘い考えだったようで、元に戻っちゃった。それに、FitBitを買って言われるがままに一日10000歩とか5マイルとか室内で歩くようにしてたんだけど、筋力落ちるし、歩いてもたいして汗もかかないし、靴をはかずに歩くのは良くないのか膝が痛くなったから、やっぱり筋トレ主体で一日一時間のエクササイズバイクに戻した。FitBitってエクササイズバイクに乗ってるの検出できないんだよね。

2021/01/05

喪中につき新年のご挨拶は差し控えさせていただきますが、今年もよろしくお願いします。

去年はひどい一年だったけど、今年はワクチンが言われているように高い効果を発揮して、早いうちにこのコロナ禍が過去のものになりますように。

[2020年分へのリンク]

Comments are welcome.  Send E-Mail to: 

Back to http://www.ysflight.com