JavaScriptを有効にすると、ここにメニューを表示します。
YSFLIGHT.COM 2021

ysflight.com

Please enable JavaScript to display links.

YS FLIGHT SIMULATOR Version 20181124

YSFLIGHT.COM内のプログラムはすべてがオープンソースでは無いですが、オープンなものについては、以下のURLからダウンロードできます。

https://github.com/captainys/public

進行中

2021/02/01

恵方巻。おもしろいからそういうイベントはあってもいいと思うのだが、今年の恵方は南南東とか言われてもわかりにくいので、今年の恵方は"Heading One Six Zero"とか言ってもらいたい。あと、真方位なのか磁方位なのか。

2021/01/29

Johnson and JohnsonのCOVIDワクチン、一回の接種で66%の有効性って、PfizerとModernaのワクチンも1回の接種で60~70%、二度の接種で95%って言ってなかった?Johnson and Johnsonもテストしてないだけで二度接種したら95%の有効性になったりして。

2021/01/28

あれはCOVIDじゃなかったんだろうか?

実は去年3月ごろ死にそうだった。今までの人生でここまで体調が落ちたことはないというぐらいの不調で、本気で死を覚悟した。結局調子がもとに戻るまでに3か月かかった。しかし、3月というとまだCOVIDについてよくわかっていない時期で、激しい咳も熱もなかったので僕は検査対象にならなかった。だから、今となってはCOVIDだったのかどうかまったくわからない。

症状が始まったのは3月の第一週だったと思う。3月6日だったはず。咳が出るのだが、それが妙な感じの咳だった。一時間に一度ほどゲホッと一発だけ咳が出る。出るときは何のまえぶれもない。一度咳が出るとそれでまた収まってしまう。

3月7日土曜日。土曜日の夜、鼻の奥が腫れてヒリヒリする。ボウリングの試合は出ないことにした。副鼻腔炎のような症状。風邪のひき始めかと思って風邪薬を飲んで寝る。

3月8日日曜日。鼻の奥が完全に炎症で痛い。悪化したので風邪薬を飲みながら一日中寝込む。

3月9日月曜日。朝起きると前日の副鼻腔炎が嘘のように治っている。だるさもほとんど無く、完全回復したかのようだった。カーネギーメロンは春休みのため家でじっとしておく。

3月10日火曜日。火曜日は毎週ジムに行っていたが、COVIDの件もあり、トレーナーにこういう状況だが行ってもいいかと聞いたら、いいと言うので普通にジムに行く。相変わらず容赦のない内容だった。またこのころ日本から出てくるデータを見ても、重症率・死亡率は極めて低いようで、アメリカがここまで対応に失敗するとは思ってなかった。

3月11日水曜日。激しい下痢。食欲が完全になくなる。おなかは減るのだが、一口食べると満腹だと思ってしまってそれ以上食べられない。カーネギーメロンが春休みでよかった。

この日からものすごい勢いで体重が減り始める。どうも、胃が食べたものを消化するペースが異常に遅くなっているような感じがした。一週間で3kg減ったかな? このままではあと23週間で質量が0kgになってしまう! (いや、ならない) 相対性理論って質量が負になることを許容してるんだっけ? (いや、その心配もいらない)

ひとつ助かったのはカーネギー・メロン大学が春休み以後リモート授業に移行したので、大学に行って教壇に立たなくてもよくなった。もしも、この症状がCOVIDでないとしたら、この状況でCOVIDに感染したらおそらくまず死ぬ。

3月16日月曜日。体調はまだ悪い。息苦しいかと言われると息苦しいような、そうでもないような。数回に一度強くフーッと息を吸い込まないと苦しい気がする。そういえば熱は無いのにものすごい寒気もあったな。どうも心臓がおかしい。安静時でも心拍が70より下がらない。それに、鼓動が強い。起きていても極端に心拍が上がることはないのだが、まるでコーヒー飲みすぎた後がずっと続くような感じ。ベッドで横になっても心臓から頭に突き上げるような振動が伝わってきて眠れない。リモート授業開始時、失神するのではないかと思ったが、なんとかやり切った。開始してしまえば、なんとか持続できた。

3月19日木曜日。我が妻の誕生日だった。無理して寿司を買いに行く。予想通りというか、食べたら次の日また胃腸が壊れる。

3月23日月曜日。なんとか失神せずに授業を終える。体重は減り続けて、既に症状発生から5kg落ちていた。ただ、下がり方はややゆるやかになった。夕方、なんとかがんばって食事を二口、三口食べたが、ついに耐えられなくなる。このままだと心臓止まる、と、思ってERに行く。しかし、あらゆる検査で心臓に問題無し。酸素飽和度も98~99%で正常。息苦しいような気がするのは気のせいだったのか?

3月26日木曜日。かかりつけ医の先生が診察してくれて、なんらかのウイルス感染であることは間違いなさそうだけどCOVIDでは無いだろうということで、とにかく自分の回復力を信じてもう少し頑張ってと言われる。

確かに、その後いったん回復する。疲労感が取れない。しかし、心拍が下がらない問題は治ったかに見えた。

4月16日木曜日。心臓症状がぶり返す。横になっても心拍が下がらない。ただ、3月中ほどではない。念のためかかりつけ医の先生にメッセージを送ったが、全体的に治ってきているのであれば心配なかろうとのことで放っておく。

結局すべての症状がなくなり、疲労感も取れたのは6月に入ってからだった。症状が出てから回復までに3か月。

これがCOVIDでなかったとしたら何だったのか。感染源には二人ほど心当たりがあるが、どっちも当時の基準ではCOVIDの検査対象に該当しなかったから検査を受けてない。

つい最近、安静時の心拍が下がらないのもCOVIDの症状のひとつであるような記事を何かで見て、やっぱりそうだったのではないかと思うんだけど。

せっかく体重が減ったからそれを維持しようと思ったんだけど、それは甘い考えだったようで、元に戻っちゃった。それに、FitBitを買って言われるがままに一日10000歩とか5マイルとか室内で歩くようにしてたんだけど、筋力落ちるし、歩いてもたいして汗もかかないし、靴をはかずに歩くのは良くないのか膝が痛くなったから、やっぱり筋トレ主体で一日一時間のエクササイズバイクに戻した。FitBitってエクササイズバイクに乗ってるの検出できないんだよね。

2021/01/05

喪中につき新年のご挨拶は差し控えさせていただきますが、今年もよろしくお願いします。

去年はひどい一年だったけど、今年はワクチンが言われているように高い効果を発揮して、早いうちにこのコロナ禍が過去のものになりますように。

[2020年分へのリンク]

Comments are welcome.  Send E-Mail to: 

Back to http://www.ysflight.com