JavaScriptを有効にすると、ここにメニューを表示します。
ysflight.com - From Author + 更新情報

JavaScriptを有効にすると、ここに過去ログへのリンクを表示します。

YS FLIGHT SIMULATOR Ver. 20150425

Polygon Crest 20160221

 

2017/07/26

更新なくて(とくにYSFLIGHT)申し訳ない。ここしばらく、何をしていたかというと、友達に勧められるがままにiOS版Chrono Triggerにはまっていた。僕は、小学生・中学生のころというと、他の同級生はファミコンとかスーファミとか持ってるんだけど、なぜかうちにあるのはFM-7。楽しそうにゲームしてるのを指をくわえて見ているしかできなかったので、最近、そのリベンジをしている。江戸の恨みを長崎で。そのChrono Trigger、去年開発した、スクリーンショットをトリムして貼り合わせて原寸大マップを作るツールでマップを作りながら進めた。一応、初回クリアまで、約500MBの原寸大マップができた。iOSのゲームにも対応できるとわかったから、ドキュメント書いて公開したいと思ってるんだけど、あらゆることに時間がない。一日48時間ほしい。


レトロRPGマップツールのスクリーンショット

そのFM-7。去年帰省したとき、実家でまだ眠ってるのを見つけた。しかも、一度は電源が入った。が二度目は入らなかった。それでも、ひょっとするとCMUのComputer Clubであれば、修理することができるのではないかと思って、同じく実家で眠っていた三代目FM-TOWNS (FM-TOWNS 20F)と一緒に、思い切ってアメリカに発送した。放っておいて捨てられるぐらいなら、金に糸目はつけない、と、思ったが、FM-TOWNSの純正モニタ込みで、60000円程度で済んだ。10万覚悟してたから、それよりは安く上がった。

そのFM-TOWNS、僕はこのPCでC言語を学んだ。動くかどうか確認せずに送ったのだが、なんと、一発で起動。世界で初めて標準搭載したCD-ROMドライブも健在。ハードウェアは一通り動いているようだった。ところが、あろうことか、キーボードを落っことして、基板にヒビを入れてしまう。そこで、Computer Clubに助けを求めたところ、ばっちり修理してくれた。彼らの技術はすごい。


26年だか27年ぶりに起動したFM-TOWNS 20F

問題は、FM-7。1982年当時はVGAなんか存在しない。デジタルRGBと呼ばれるケーブルで、ケーブルをなんとかしないとまず画面すら出ない。また、当時はフロッピーディスクなどというものは高級品で、基本、音楽カセットにデータやプログラムを記録していた。そもそも、今の若い人にはフロッピーディスクも音楽カセットも知らないんじゃないかという問題が出てくるレベルのレトロ感。僕は、このコンピュータでアセンブリ言語とBASIC言語を学んだ。

ただ、日本で起動しようとして失敗したのだが、輸送して電源を入れると、動いていることはわかった。FM-7はINSキーはソフトウェアでコントロールしている。だから、CPUが動いていなければINSキーのLEDのオン・オフは発生しない。が、INSキーに反応があった。また、PLAY "V15CDEFGAB"とかBEEPとか反応があり、MOTORとタイプすると、データレコーダーのモーターオン・オフ用のトランスのカチッという音が聞こえた。だが、ときどき、動かなくなる。実は、このFM-7には、VRAMアクセスウェイトを強制的にオフにする改造 (I/O誌のずいぶん古いのに載った)が施されている。工業高校ではんだ付け得意な友達に頼んでやってもらった。が、そのときのケーブルのはんだ玉とかが、露出していたので、これが基板の別の部分に接触しているのではないか、と、疑って、絶縁テープで巻いたところ、以後安定して動いている。

CPUは動いていることがわかったから、モニタとデータレコーダのケーブルを自作すれば、復活させることができそうだった。ここに、データレコーダと一色モニタ用ケーブルの作り方が出ていた。早速、8-pin DINと5-pin DINコネクタをAmazonから発注した。が、クラシックPC研究会なる団体が、FM-7からカラーVGAモニタに直結するケーブルを販売していることが判明。しかも、海外発送してくれる。カラーが出るならその方がいい。早速これも発注。ただ、ネットで調べたところ、どうも15kHz信号になるらしい。15kHz信号だと、最近のモニタではほとんど対応していないから、高い周波数に変換するアップコンバータが必要。アップコンバータで有名どころは、電波新聞社のXRGB-3だけど、これは、高い。さすがに3万円は躊躇した。代わりに、これをトライすることにした。果たして、使えるのかどうかはわからないから、もはやギャンブル。1990年代、秋葉原でブランドもののパーツですら自分のPCに刺して動くかわからなかった、あのギャンブル感覚。

そして、ケーブルとアップコンバータが届いて、VGAモニタに刺してみた。アメリカに住んでいるので、指を交差させて幸運を祈って、FM-7の電源を投入した。

大成功!青い縦じまが入ってしまうが、贅沢は言えない。FM-7は画面を取り戻した。残るがデータレコーダケーブル。さっきのリンクに従って、データレコーダケーブルを、久しぶりに慣れないはんだ付けで、コネクタ一個ダメにして、何度もはんだ付けしたはずのケーブルがすっぽ抜ける現象に苦しみながらも、なんとか作ってみた。ところで、作ってから気が付いたんだけど、そのリンク先にある図は、FM-7側のコネクタだったらしい。データレコーダケーブルは左右対称だったからよかったけど、作ってみたらセーブ用とロード用(MicとPhone)が逆で、一瞬あれ?と、思ってしまった。


30年ぶりに画面が復活したFM-7

作ったケーブルを使って、研究室のデスクトップPCをデータレコーダに見立てて、FM-7からプログラムをWAVファイルにセーブ。懐かしい、33年前、11歳のときはじめて聞いた、あの音がよみがえった!問題は、読み込み。セーブできてもロードできないと意味がない。最初、録音したWAVをそのまま再生してみたが、FM-7はまったく無反応。試しに、レベルが降り切れるぐらまでWAVファイルの音量を上げてみたところ、読み込みに成功!これで、ちょっとしたプログラムもその気になれば書けるところまでこぎつけた。

 

Carnegie Mellonでは、Computer Clubが毎年Demo Splashというイベントを主催する。そのイベントで、このFM-7もFM-TOWNSと並べて展示する方向になっている。あんまり時間かけるわけにいかないけど、何か、ちょっと見栄えのするデモを書いてみたい。Computer Clubは、X68000を収蔵しているから、その隣に並べて、Japanese Retro PCコーナーが作れるといいと思ってる。

最後の問題は、 デスクトップPCで録音したデータはデスクトップPCから再生するとFM-7は読み込んでくれるのだが、これを我がThinkPadで再生すると、なぜか認識してくれない。正しい波形が出てるっぽいのだが。出せる最大の音量が小さいのか、あるいは、出すとき+と−が反転しているのか。プラスマイナス反転させても同じ音が鳴るし。デモを見せるためには、次にこの問題を解決しなくてはならない。

2017/06/29

滅茶苦茶内容の濃い5月、6月終了

航空ファン天国の5月、6月だった。毎週何か見るものがあった。5月13-14日はピッツバーグ航空ショー、5月23日は松島基地でBlue Impulseのフィールドアクロを見て、5月28日は美保基地で最後の要人輸送型YS-11を見納め、6月4日は彦根城でBlue Impulseのフライバイを見て、6月11日は成田航空宇宙博物館から初めてAirbus 380の離陸を見て、6月18日はヤングスタウン航空ショーでThunderbirds、6月24-25日はデイトン航空ショーだった。

ここまで内容の濃い1.5ヶ月になってしまったのは、ピッツバーグ周辺のメジャーな航空ショーが、クリーブランドを除いて全部5月と6月に集中してしまったからなんだけど。航空ファン天国だった反面、体力的にはかなりきつかった。現在リカバー中。

写真は、美保基地航空祭で、Blue Impulseのアクロ後、最後のフライバイに離陸するYS-11、152番機。この機体は、翌日名古屋に飛行してそのまま航空博物館で展示機になったらしい。

2017/05/17

YSFLIGHTテスト版 20170517バージョン

テスト版更新。まだバグレポートに全部対応できてなくて申し訳ない。

ピッツバーグ航空ショー

ピッツバーグ航空ショー行ってきたけど、まだぜんぜん写真が整理できてない。ただ、最近どの航空ショーも、午後に入ってから飛行機が飛び始めるようなパターンが多い中、朝9時ごろから、夕方4時まで何かを飛ばしっぱなし。民間からは、ショーン・D・タッカー、シーハリアー、T-33他が参加。軍の参加も、最近減り気味のところ、F-18デモチーム、F-22デモチームに加え、航空ショーを主催した第911航空輸送隊による空抵降下、そして、最後はサンダーバーズという豪華なラインナップだった。

それから、去年のクリーブランドの写真の整理もできてないんだよね。とりあえず、F-35が飛んでるところを見れたのが最大の収穫だった。以下は、クリーブランドで撮ったF-35と、ピッツバーグで撮ったT-33。


クリーブランドで撮ったF-35


ピッツバーグで撮ったT-33

2017/04/23

現在発売中の「航空ファン」6月号(4月21日発売)に、2ページですが、記事を執筆する機会を与えていただきました。よかったら、読んでください。 

2017/03/14

YSFLIGHTテスト版 20170314バージョン
ごめん、昨日アップロードしたやつで、シャドーマップがオフになってた。今日のやつは直ってる。

2017/03/13

YSFLIGHTテスト版 20170313バージョン
macOS用、コンソールサーバーを追加。それと、マップをDepth Testの対象として描画するようにしたから、多分、標高ゼロのマップ以外も正しく描画されるようになったと思う。

1500着陸!
昨日、デイトンまでクロスカントリーに飛んだ。帰ってきて、1度のタッチ&ゴーの後フルストップ。これで、ログブック上の着陸回数が1500回になった。
(続きを読む)

CMakeでUniversal Windows Platform + OpenGL ES Projectをコンパイル(更新)
CMake 3.8rc1から、CMake内だけで外部スクリプトなど使わずに、Universal Windows用OpenGL ESライブラリをリンクできるようになったので、記述を更新。前のバージョンだと、.vcxprojファイルをPython Scriptなど使って書き換えなきゃならなかったけど、新しいバージョンだとはるかに簡単でクリーンにできるようになった。(ちなみに、自己主張すると、この機能は僕にしては珍しくCMakeにコードを書いて送って採用してもらった。あまりOpen Sourceプロジェクトにコードを書いたりしない方なんだけど。)

2017/02/25

やっと、去年のトレド航空ショーの写真を整理した。

最近、やりたいことに対して、時間が無さ過ぎる。相対性理論によると、光に近いスピードで動くものの時計は遅れるというから、僕が静止して周りのものが早く動けばいいんだな。そうすれば、僕が一時間使っても、まわりの時計は一時間進まない。そのためには、地球の自転と逆方向に猛スピードで移動しながら作業すればいいのか!いや、地球の公転に取り残されればいいのか!

そういう漫画があったな。多分今の若い人は知らないけど。


2017/02/21

Universal Windows Platformアプリケーションで、同期的にディレクトリ内のファイルリスティングを取得する方法

Universal Windows Platform APIは、いろんな場面で、非同期処理 (IAsyncOperation) を使わなくてはならない。最初、それを知ったときは、APIの設計の失敗だと思った。たかが、ローカルのディレクトリの中のファイル一覧を取得するために、非同期処理が必要なのでは、あまりにもコードを書く手間がかかりすぎる。何もできない。

と、思ったのだが、実は別スレッドで実行するだけで、同期的に書くことができるということがわかった。同じことで困ってる人がいたら、この手が使えると思う。

(続きを読む)

2017/01/22

YSFLIGHTテスト版 20170122バージョン公開。

2017/01/08

あけましておめでとうごじあます。今年もYSFLIGHTをよろしくお願いします。

秋学期は、割と普通に終わった気がする。忙しかったけど、秋の授業は、すでに何度も教えたプログラミングの基本コースで、時間配分とか、頭に入っている。が、春の授業は、去年は圧倒的に準備不足だった。11月に急きょ開講が決まって、大急ぎで準備したものの、まず僕が楽観的過ぎたということと、カバーしようとした内容の一部がほかの授業とかぶると言われて、取りやめた影響も響いた。と、いう言い訳は、今度は通用しない。冬休みの間に十分な準備をして備えよう、と、思っていたのだが、

この冬休みは、一昨年ソフマップの中古ソフト屋から買ってきたドラゴン・スレイヤー・クロニクル収録のザナドゥ、ザナドゥ・シナリオ2にはまっていた。(ところで、Falcomはこの作品、英語版を出す気ないんだろうか?PCゲーム史に残る名作だと思うんだけど。英語訳する人が必要だったら僕でよければ喜んでやるけど。)はまった理由というのが、去年の11月末ごろ、なんか新しいゲームでも買おう、と、思ってAmazon.co.jpを物色していたところ、ザナドゥ・パーフェクト・コレクションという復刻版が出たことを知った。が、知ったのが一年遅れ。予約販売のみということで、既に新品は手に入らない。

が、どうしても欲しい。なんでかというと、このパッケージには、復刻版初収録となる「リバイバル・ザナドゥ2」が収録されているとのこと。僕は、リアルタイムでFM77AV版ザナドゥ、ザナドゥ・シナリオ2をプレイした。その後、渡米後、復刻版の「リバイバル・ザナドゥ」をわざわざ海外発送で買ってプレイした。(なお、Windows 10ではインストールはできるものの、エラーが出て止まったり、セーブできなかったりする)さらに、去年の冬休みは、「ザナドゥ・ネクスト」をクリアした。というほどのザナドゥファンである。基本的にPC用に出た作品のうち、シナリオ1(リバイバル1はシナリオ1そのまま)、シナリオ2、ネクストはクリアしたのだが、PC98用しか出なかったリバイバル2だけまだやったことが無かった。これを、なんとしてもプレイしたい。というわけで、Amazon.comで転売されているものを17000円で買って、年末帰省する同僚に回収してきてもらうことにした。こういう名作の復刻版が出るのは素晴らしいことだと思うんだけど、限定販売だとアメリカなんかに住んでると買えないから、限定販売後はダウンロード販売するとかなんとかならないもんんだろうか。

この冬休みには間に合わないが、多分、春休みか夏休みにはまることになると思う。当時、リアルタイムでプレイしたときは、ソフトと一緒に攻略本を買ってきて、ほとんど攻略本に沿ってクリアしてしまったが、今は、自力クリアしたい。攻略本を見ながらプレイするのは、観光ガイドブックを見ながら旅行するようなもの。自力クリアというのは、知らない土地を開拓していくようなものだ。

しかし、ザナドゥというゲームは容赦がない。簡単に脱出不能になるし、場合によってはクリア不能状態に陥ったのに知らないまま進んで取り返しがつかなくなることもある。シナリオ1では序盤で手に入るMantleを最低2個残しておかないと最強の盾が手に入らなかったし、シナリオ2では、Acidというアイテムを最低4個持っておかないと、Dragon SlayerとBattle Suitsを確保できない。まあ、この2点に関しては強烈に覚えていたけど。

という難しさに加えて、マップも結構複雑だ。攻略本・攻略サイトを見ずに攻めるのであれば、なんとしても自力でマップを構築する必要がある。そのとき、ふと思いついた。2次元のゲームなんだから、スクリーンショットを撮りまくって、トリムしてつなぎ合わせれば原寸大マップができるんじゃね?もちろん、それを一枚一枚手作業でトリムして貼り付けて行くのは現実的に不可能だ。だが、そういうプログラムを書けば、できる。

というわけで、書いてしまった。一昨年買って、積んだままになっていたドラゴン・スレイヤー・クロニクルのザナドゥ・シナリオ1を例題にして、機能を拡張しながら、クリアした。これで、リバイバル2が来ても対応できるな。と、思ったのだが、できあがった原寸大マップを見ているうちに、むらむらとシナリオ2もプレイしたくなった。大晦日にプレイを開始して、このマップツールの力を持ってすれば、三日ぐらいで終わるか、と、いう予想を大幅に超えて、終わったのは1月6日。その間、プログラムはさらに機能強化され、シナリオ2も原寸大マップができ、ついでに、自作のGUIライブラリでWindows用、MacOSX用で日本語入力ができるようになったので、この点はYSFLIGHTにも反映される。ああ、テスト版アップロードしなきゃ。

せっかく作ったので、このレトロRPGマップツール(仮称)も近々公開する予定。

なお、おととい飛び初めに行ってきた。なぜか滑走路を除雪してなくて、実ソフト・フィールド・テイクオフ&ランディングだった。これで、実PIC時間(日本の基準での機長時間)が300時間になったアメリカの基準では、教官同乗のときも免許取得後は機長時間扱いなので、そっちはもうすぐ500時間になる。今年は、600時間と、多分着陸回数1500回を達成できると思う。

KBVI RW28

[2016年分へのリンク]

JavaScriptを有効にすると、ここに過去ログへのリンクを表示します。

Comments are welcome.  Send E-Mail to:

RETURN TO TOP PAGE

このページはリンクフリーですが、リンク先は、http://www.ysflight.com にお願いします。よかったら以下のバナーのうちのひとつをお使いください。