JavaScriptを有効にすると、ここにメニューを表示します。
ysflight.com - From Author + 更新情報

JavaScriptを有効にすると、ここに過去ログへのリンクを表示します。

YS FLIGHT SIMULATOR Ver. 20150425

Polygon Crest 20160221

 

2017/01/22

YSFLIGHTテスト版 20170122バージョン公開。

2017/01/08

あけましておめでとうごじあます。今年もYSFLIGHTをよろしくお願いします。

秋学期は、割と普通に終わった気がする。忙しかったけど、秋の授業は、すでに何度も教えたプログラミングの基本コースで、時間配分とか、頭に入っている。が、春の授業は、去年は圧倒的に準備不足だった。11月に急きょ開講が決まって、大急ぎで準備したものの、まず僕が楽観的過ぎたということと、カバーしようとした内容の一部がほかの授業とかぶると言われて、取りやめた影響も響いた。と、いう言い訳は、今度は通用しない。冬休みの間に十分な準備をして備えよう、と、思っていたのだが、

この冬休みは、一昨年ソフマップの中古ソフト屋から買ってきたドラゴン・スレイヤー・クロニクル収録のザナドゥ、ザナドゥ・シナリオ2にはまっていた。(ところで、Falcomはこの作品、英語版を出す気ないんだろうか?PCゲーム史に残る名作だと思うんだけど。英語訳する人が必要だったら僕でよければ喜んでやるけど。)はまった理由というのが、去年の11月末ごろ、なんか新しいゲームでも買おう、と、思ってAmazon.co.jpを物色していたところ、ザナドゥ・パーフェクト・コレクションという復刻版が出たことを知った。が、知ったのが一年遅れ。予約販売のみということで、既に新品は手に入らない。

が、どうしても欲しい。なんでかというと、このパッケージには、復刻版初収録となる「リバイバル・ザナドゥ2」が収録されているとのこと。僕は、リアルタイムでFM77AV版ザナドゥ、ザナドゥ・シナリオ2をプレイした。その後、渡米後、復刻版の「リバイバル・ザナドゥ」をわざわざ海外発送で買ってプレイした。(なお、Windows 10ではインストールはできるものの、エラーが出て止まったり、セーブできなかったりする)さらに、去年の冬休みは、「ザナドゥ・ネクスト」をクリアした。というほどのザナドゥファンである。基本的にPC用に出た作品のうち、シナリオ1(リバイバル1はシナリオ1そのまま)、シナリオ2、ネクストはクリアしたのだが、PC98用しか出なかったリバイバル2だけまだやったことが無かった。これを、なんとしてもプレイしたい。というわけで、Amazon.comで転売されているものを17000円で買って、年末帰省する同僚に回収してきてもらうことにした。こういう名作の復刻版が出るのは素晴らしいことだと思うんだけど、限定販売だとアメリカなんかに住んでると買えないから、限定販売後はダウンロード販売するとかなんとかならないもんんだろうか。

この冬休みには間に合わないが、多分、春休みか夏休みにはまることになると思う。当時、リアルタイムでプレイしたときは、ソフトと一緒に攻略本を買ってきて、ほとんど攻略本に沿ってクリアしてしまったが、今は、自力クリアしたい。攻略本を見ながらプレイするのは、観光ガイドブックを見ながら旅行するようなもの。自力クリアというのは、知らない土地を開拓していくようなものだ。

しかし、ザナドゥというゲームは容赦がない。簡単に脱出不能になるし、場合によってはクリア不能状態に陥ったのに知らないまま進んで取り返しがつかなくなることもある。シナリオ1では序盤で手に入るMantleを最低2個残しておかないと最強の盾が手に入らなかったし、シナリオ2では、Acidというアイテムを最低4個持っておかないと、Dragon SlayerとBattle Suitsを確保できない。まあ、この2点に関しては強烈に覚えていたけど。

という難しさに加えて、マップも結構複雑だ。攻略本・攻略サイトを見ずに攻めるのであれば、なんとしても自力でマップを構築する必要がある。そのとき、ふと思いついた。2次元のゲームなんだから、スクリーンショットを撮りまくって、トリムしてつなぎ合わせれば原寸大マップができるんじゃね?もちろん、それを一枚一枚手作業でトリムして貼り付けて行くのは現実的に不可能だ。だが、そういうプログラムを書けば、できる。

というわけで、書いてしまった。一昨年買って、積んだままになっていたドラゴン・スレイヤー・クロニクルのザナドゥ・シナリオ1を例題にして、機能を拡張しながら、クリアした。これで、リバイバル2が来ても対応できるな。と、思ったのだが、できあがった原寸大マップを見ているうちに、むらむらとシナリオ2もプレイしたくなった。大晦日にプレイを開始して、このマップツールの力を持ってすれば、三日ぐらいで終わるか、と、いう予想を大幅に超えて、終わったのは1月6日。その間、プログラムはさらに機能強化され、シナリオ2も原寸大マップができ、ついでに、自作のGUIライブラリでWindows用、MacOSX用で日本語入力ができるようになったので、この点はYSFLIGHTにも反映される。ああ、テスト版アップロードしなきゃ。

せっかく作ったので、このレトロRPGマップツール(仮称)も近々公開する予定。

なお、おととい飛び初めに行ってきた。なぜか滑走路を除雪してなくて、実ソフト・フィールド・テイクオフ&ランディングだった。これで、実PIC時間(日本の基準での機長時間)が300時間になったアメリカの基準では、教官同乗のときも免許取得後は機長時間扱いなので、そっちはもうすぐ500時間になる。今年は、600時間と、多分着陸回数1500回を達成できると思う。

KBVI RW28

[2016年分へのリンク]

JavaScriptを有効にすると、ここに過去ログへのリンクを表示します。

Comments are welcome.  Send E-Mail to:

RETURN TO TOP PAGE

このページはリンクフリーですが、リンク先は、http://www.ysflight.com にお願いします。よかったら以下のバナーのうちのひとつをお使いください。